2017/05/26

壁タイルを貼ってみた(材料購入編)

 この一月に、我が家(鉄筋コンクリート造の集合住宅)では給水給湯管の更新を行いました。
 本来、このような工事は全面リフォームなど大がかりな工事のときに同時にやるべき性質のものです。(詳しくは「漏水?!」の記事をご覧ください)

 しかし今回は給水給湯管の更新に伴う工事のみ。入った職人さんの職種は、
  水道工事
  防水工事
  大工工事(我が家の場合は夫)

 浴室の壁(一部)は下地調整の左官工事とタイル工事が必要なのですが、これは何とか自力でと思い、材料の調達からやってみました。床の目地詰めは以前やっていた(記事はこちら)ので意気揚々と準備をはじめましたが…

 結論から言うと「下地が平らに作られていることが大前提!それが難しければ無理せずプロに任せましょう」です。
 逆に、小さい面積の屋内床タイルで合板下地だと、壁タイルよりやりやすいと思います。

 とはいえ、小さな面積の補修など、わざわざ職人さん呼ぶのも躊躇する場合があるでしょう。今回と次回の記事が参考になれば幸いです。

<必要なもの>
 下地材(今回は防水モルタル。場所や仕様によって変わります。)
 タイル
 接着剤(今回はセメダイン(株)のタイルエースプロ)
 目地材((株)LIXILのスーパークリーン)
 櫛目ヘラ(プラスチック製)
 目地ごて(あれば便利だけど、バターナイフや割り箸などでも代用可)

 タイル…これが第一の難題であり、失敗でした。枚数が少なく、今のタイルと同じものは販売していないため、生産終了品を扱う通販サイトから購入したのですが、はじめに選んだ品が品切れ。急遽現行品を「カタログだけで」選び注文しました。ちょっと色味が違うんだけど時間ないしと思いつつ。

 私はお客さんへの提案時にカタログだけを使うことはありません。必ずメーカーの出している色見本帳や現物サンプルを使います。それほど色味が違うからです。(ですので基本的には現行品を中心に実際の色がわかるものしか提案しません)

 案の定、届いた品を見てビックリ!それは鮮やかな色のタイルがやってきたのです(笑)。しかも洗面所床の見えないところも貼り直しが必要とみて多めに発注したのに、夫曰く「きれいに撤去できたから、そのまま貼り直しできるぞ」…そ、そんなぁ。

 写真はカタログと現物の色の違いです。カタログの写真(赤丸)は25ミリ角、現物は100ミリ角ですから余計違って見えます。(メーカーさんを責めているのではありません。カタログとはそういうものなのです。)

Dsc06265_800x618

 そんな経緯で、実際の仕上がりは下の写真のようになりました。一部がモザイクタイルになっているのは、水栓金具を取り付けるために100角のタイルを切る技術も道具もないからです。

 なお、タイルの販売サイトはいくつかあるのですが、補修などで購入するときは最小販売単位に気をつけてください。箱単位でしか売らないサイトもありますから、必要量を把握してから欲しいタイルを探しましょう。目地材も意外と市販がないのでまとめて手配するといいです。現行品を購入するときは、面倒でもショールームで実際の色を確認するのが鉄則です。

 ★教訓★注文には日数の余裕を見ましょう。画像やカタログは参考程度と割り切りましょう。

Dsc06257_2_593x800
  お買い得品を画像だけで購入して思ったより違う色になったときは…笑ってごまかす勇気を持ちましょう。格安DIYですから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/16

映画「人生フルーツ」

 四月にレーモンド事務所を訪れた折に紹介された、映画「人生フルーツ」、観てきました。

 津端修一さんという建築家とそのおつれあいの、日常を描いたドキュメンタリー。

 波乱万丈の物語はあえて取り上げず、淡々とした映像で津端家の四季を映し出すカメラ。そこに樹木希林さんのナレーションが詩のように流れます。


 なぜ、涙が出るんだろう…。
(私の前の方で観ていた男性は涙が止まらない様子。)


 建築家は形を弄る職業ではなく、人の振る舞いに想いを馳せる職業。
 この映画は、設計した住まいに、設計の意図に従って暮らす実践の記録でもあります。

 それは暮らしに真摯に向き合い続けた数十年の積み重ねでした。そして住まい手は目の前の日常を丁寧に過ごしつつも、視線は次の世代に何を残すかに向いているのです。微笑ましい夫妻の深い部分には覚悟があり、胸を打たれます。

 津端夫妻のような生活はなかなかできるものではありませんが、自分の今までの暮らしを振り返り、これからどうしたいのかを考えるきっかけになる映画だと思います。

 上映していた深谷シネマ(写真)は昔の酒蔵を改装した映画館です。
 ここで見た意味は大きかったと思うのです。

 映画「人生フルーツ」のホームページはこちら
 深谷シネマのホームページはこちら


Img_0126


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/08

連休

 世は大型連休で、天候にも比較的恵まれ、お出かけの方も多かったことでしょう。
 我が家では夫が帰省したものの、子どもたちは部活中心の生活、私も仕事と家事で「ユルユル通常営業」といったところ。

 これがなかなかいいんです、「ユルユル通常営業」。
 どうやら私はオンとオフを切り替えできないらしく、数日間続くオフにレジャーなど行くと疲れてしまい、仕事に戻るのにすごくエネルギーを使います。だから連休でも完全に休まないで時々仕事する方がかえって楽に休み明けを迎えられます。

 電話もこないしメールチェックも少ししかないので、連休は仕事がはかどるというフリーランスの方は意外と多いのでは?

 連休なのに休めないなんて、と思うかもしれませんが、その分子どもたちの学校行事や大会に出かけたり、平日に所用を済ませたりしているので特段不都合はなく、地味な連休が明けていくのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«レーモンド事務所を訪ねて