トップページ | リフォーム体験記:その2 壁を作る »

2005/02/23

リフォーム体験記:その1 リフォームの理由

 我が家では2004年に念願の内装リフォームに踏み切りました。
 最大の理由は「イライラする家」からの脱却にあります。
 日当たりが悪い…物が片付かない…設備が古い…寒い…などなど日中家にいる人なら気のつく点もさることながら、広さの割りに狭苦しい…家にいてほっとできない…という、建築を仕事とする人間としては無視できない問題が横たわっていたのです。私は育児中で(プロフィールをご覧ください)日中子供と家にいることが多いのですが、家にいてよく気が滅入っていました。このもやもやした不快感は何だ!早く解決したい!ここは子供にもきっと良くない!との思いが日夜渦巻いていたのです。
 引越しですか?それは考えなかったですね。うちが分譲の集合住宅だったこともありますが、リフォームすれば問題がある程度解決できると思っていましたから。「自分ならこう改装する」といつも思いながら暮らしていましたし、小さな家がもともと好きなのかもしれません。
 そんなわけで育児や家事の傍ら、図面を描いたりショールームを回ったりすることになったのです。

 

|

トップページ | リフォーム体験記:その2 壁を作る »

リフォーム体験記」カテゴリの記事

コメント

始めまして。面白く読ませていただきました。家を一軒(+リフォーム一軒)建てようと思っているので、最近ブログを始めたばかりです。

建築士の方なのですね。ブログも眺めだした所ですが、プロの方のブログは面白い物が多いです。これからもちょくちょく覗かせてもらいます。よろしくお願いいたします。

投稿: kaerumata | 2005/03/20 09:29

kaerumataさんコメント有難うございます。
いい家を建てるには、どんな家に住みたいか(家族が楽しく集える家とか、環境にやさしい家とか大きいテーマみたいなもの)をしっかり決めておくと良いかもしれません。具体的なことで困ったときに、そのテーマに立ち返ると答えが出やすいのではないかと思います。
 大変労力が必要ですが、納得の住まいを建てられるようお祈りしています。

投稿: けやき | 2005/03/23 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リフォーム体験記:その1 リフォームの理由:

トップページ | リフォーム体験記:その2 壁を作る »