« リフォーム体験記:その6 小さくても使いやすいキッチンへ | トップページ | リフォーム体験記:その8 理想のキッチン »

2005/03/18

リフォーム体験記:その7 想像力不足

 私の夫は大工です。今回の工事も夫が中心になって進めました。家具もほとんどが造り付けで、夫が作りました。
キッチンも例外ではありません。ステンレスのカウンターやシンクは業務用厨房機器の会社に頼んで作ってもらい、引出しなど含め、カウンター下の箱部分は全て大工工事で作っています。
 キッチンは引き出しのレール、収納金物、取っ手など金物をたくさん取り付けるし、コンロやオーブン、食器洗い機、水栓金具を設置したとき不具合の無いようにするのが大変だったようです。私の元に図面についてひっきりなしの電話が来たのもこのころ(私は子供たちとともに実家にいたので)。
 そんな、苦労して作った引出し…思ったほど収納力が無い。縦3列にしていましたが、縦2列にすべき、つまり引き出しの幅をもっと広げたらよかったのです。私の図面のせいで、金物もたくさん必要になったし、手間も余計にかかった。そして限られた空間を有効に使えなかった…完成から約1年たった今でも申し訳なくて、もったいなくて、とても悔しい思いでいます。
 それから、キッチン水栓。ハンドルが右についています。キッチンで作業していると右手がふさがっていることもあるので水栓に左手が出ますが、ずばり操作しにくい!また濡れた手で操作するのでハンドル下に水がたれて、たれて。ショールームで実物を見たのに、思い及ばなかった…悔しいです。
 いくら育児中で時間が無かったといえ、設計者として考えが足りなかったところは胸にグサグサ突き刺さります、今でも。住んでいて、使っていて違和感がありますから。
 (問題の引出や水栓は前回の記事の写真をクリックすると写真が大きく表示されますので見てください)
 

|

« リフォーム体験記:その6 小さくても使いやすいキッチンへ | トップページ | リフォーム体験記:その8 理想のキッチン »

リフォーム体験記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リフォーム体験記:その7 想像力不足:

« リフォーム体験記:その6 小さくても使いやすいキッチンへ | トップページ | リフォーム体験記:その8 理想のキッチン »