« リフォーム体験記:その7 想像力不足 | トップページ | 涙、涙の終業日 »

2005/03/21

リフォーム体験記:その8 理想のキッチン

kitaft3blog 最近、ちょくちょく土鍋でご飯を炊きます。
 土鍋に洗った米と約1.2倍の体積の水を入れ30分以上吸水させる。鍋を火に掛け、ふたの穴から湯気が勢いよく出てきたらごく弱火にして10分。火を止めてさらに10分。これでふっくらご飯の出来上がり。土鍋は炊飯専用ではなく普通のものです。確か、結婚祝いに頂いたもの。鍋料理だけに使うのはもったいないのでご飯を炊いています。今我が家にある炊飯器に比べて格段においしいご飯が食べられます。
 私が早起きさえできれば…タイマーつきの炊飯器は要らないのです。というわけで、上の写真が我が家の理想のキッチン。調理台がぐっと広くなります。
 あと、オーブントースターは我が家から消えました。ガスレンジについている両面焼きグリルに別売りのプレートを置き、食パンを焼いています。網や受け皿を洗ってあれば魚くさくはありませんし、おいしいですよ。
 電子レンジは…当分お世話になる予定。
 都市型の住まいに住むには設備を使い倒すこと、道具を厳選することが気持ちよく住むコツかもしれません。
 

|

« リフォーム体験記:その7 想像力不足 | トップページ | 涙、涙の終業日 »

リフォーム体験記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リフォーム体験記:その8 理想のキッチン:

« リフォーム体験記:その7 想像力不足 | トップページ | 涙、涙の終業日 »