« やかん(柳宗理デザイン) | トップページ | リフォーム体験記:その9 トイレ・洗面は多機能空間 »

2005/03/30

WMFの圧力鍋

pnabe1blogpnabe2blog この圧力鍋は、学生時代の親友YとFから結婚祝いに頂いたもの。「何が欲しい?」ときかれて「圧力鍋」と言ったらこれが届いたのです。
 以来、これが我が家の最大の鍋。4.5ℓくらいの容量です。まとめて茹でものをするときにも、おでんを作るときにも使います。このときは圧力はかけません。加圧料理なら、豆をゆでるとか、いわしの梅煮とかを良く作ります。以前は大豆の水煮とか缶詰を使っていたのが、今は乾燥豆をゆでるようになりました(そのほうが安上がり!)。多めに煮て冷凍すれば料理にすぐ使えます。ちょうど良く煮えた大豆などは甘みがあって、そのままでもおいしいです。
 それはさておき、この鍋のいいところは部品が簡単に外れて洗えることです(写真)。調理道具は洗いやすいと次に使うとき敷居が高くないので利用回数が増えます。ただでさえ重い鍋なので、洗いにくいとお蔵入りになっていたかもしれません。そして部品がだめになってもだめになったものだけ入手可能です。こういう企業の姿勢は使い手にはありがたいですね。我が家ではふたに取り付けるパッキンがへたって交換しました。これでまた長いこと使える、うれしいです!
 良い鍋を贈ってくれた友人に感謝。 
 (なお、今はモデルチェンジしたものが販売されています。)

|

« やかん(柳宗理デザイン) | トップページ | リフォーム体験記:その9 トイレ・洗面は多機能空間 »

暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86449/3501549

この記事へのトラックバック一覧です: WMFの圧力鍋:

« やかん(柳宗理デザイン) | トップページ | リフォーム体験記:その9 トイレ・洗面は多機能空間 »