« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006/08/25

風の設計

 この夏休みは出かけることが多く、私の実家(集合住宅)、叔母の家(一軒家)、夫の実家(一軒家)と滞在しました。立地や気象条件に違いはありますが、風の通らない家は暑い! そして我が家は風通しが悪い…あぁ(T_T)。
 風通しが悪いということは自然換気しにくい、つまり空気が一度湿ってしまうとなかなか乾かないというわけで、家にとっては良くありません。うちは風通しが悪い上に1階なので少し雨が続くと除湿機をつけています。(部屋に無垢材と珪藻土を使っていても限界はあります。)夏でも湿度が高いとエアコンで除湿…エコとは無縁の生活、キライですが仕方ない(>_<)。また防犯上夜は窓を開けられず、コンクリートの壁はしっかり暖まっているのでやはりエアコンのお世話になっています。
 一方、海辺にある叔母の家には何とエアコンがないエアコンを必要としないほど涼しいのです!7月の末に3泊しましたが2階の部屋で朝までぐっすり眠ることができました。夏に自然の風で快適に眠れるなんて、何という贅沢でしょう。

 一般に「夏は南風、冬は北風」と言いますが、住宅を取り巻く風はそう簡単にいかないというのが実感です。実家ではより風を通すために西に面した玄関ドアを開けていましたし、我が家では東に面した玄関ドアを開けると若干風が抜けます(実際は防犯のためわずかしか開けられないのですが)。

 優れた設計の住宅は、見た目の格好よさに加えて風や光なども配慮が行き届いています。そして見えないものを設計することはかなり大事なことだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »