« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007/01/25

息子と独楽

Blogdsc01691  今日は幼稚園年長の長男の話です。

 秋口から彼は昔ながらの木ゴマに興味が出て、独楽回しに挑戦するようになりました。仲の良いお友達も加わって、幼稚園では練習練習の日々。でもなかなか上手く回せなかったようです。
 2学期の最終日にある「おたのしみ会」で独楽回しを披露したいと考えていたけれども、回せる日があったかと思うと全く回せない日が続き、くやしさに涙がこぼれたこともあったそうです。

 親の私は独楽を回したことがありません。「あきらめないで回してみようね」としか言えなくて、内心どうなるのかと思っていました。

 でも彼は練習を続け、おたのしみ会直前に独楽を回せるようになり、りっぱに披露してくれたのです。そして先日の参観日では自信たっぷりの様子で私に独楽回しを教えてくれました。

 悔しい思いをしながらもあきらめなかった息子の頑張りに胸が熱くなりました。また、彼が頑張れたのは仲間の存在があったから。6歳の息子が親と少し離れて、仲間と育ちあう時期を迎えたのだとしみじみ思いました。

 思えば幼稚園を選ぶとき、「幼稚園のときくらい、たっぷり遊んで幸せな思い出をたくさん作ってもらいたい。それがのびのびとできる幼稚園を選びたい」と思っていたのですが、それが実現できた以上に、遊びを通じて多くのことを吸収できた幼稚園生活だと思っています。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/17

ぶどうとくるみのプチパン

Blogdsc01678  今日のパンはプチパン24個。今までは生協やスーパーで手に入る材料で作っていましたが、今回はじめてネット通販を利用しました。これまで強力粉も収穫後の農薬を嫌って国産をできるだけ使っていました。でも間に合わせに輸入小麦を使うことも多かったのです。通販だと国産小麦粉にもいろいろ種類があり、しかも買いやすい価格(^^)。イーストやナッツ類、食パン用の袋なども揃っているので、送料を考慮しても利用価値はあると思いました。
 今日のパンの小麦は木田製粉の「ハルエゾ」(春豊、道春中心の北海道産小麦100%)です。輸入小麦よりもっちりとして甘みがあると思います。イーストもメーカーによって匂いが違うのですねぇ。めんどくさがりなのでいろいろなパンを手を変え品を変え焼くことはないでしょうけれど、パン作りが楽しくなってきました。

 それはさておき…今日はご飯で失敗!
 
炊飯器のタイマーをセットしたあと炊飯スイッチを押すのを忘れたらしく、朝まで保温状態のまま…。一見ご飯なのだけれど、温度が上がってないからべたべた、ぼそぼその代物が出来上がりました。電子レンジでちゃんとしたご飯にして失敗作を復活させるつもりですが…ご飯で失敗すると朝からへこみますねぇ(T_T)。

   製菓製パン材料の通販 アントゥルメは こちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/07

リフォーム体験記:その18 電気代は安くできるか

 2007年が始まりました。今年も当ブログをよろしくお願いします。

 今年最初のテーマは「電気代」。
 我が家ではリフォーム後に電気をより使うようになりました。要因は電気式床暖房・暖房温水便座、食器洗い機。中でも床暖房と暖房便座は早朝から夜遅くまで使っているので電気代は馬鹿になりません。寒かった昨年2月の電気料金は2万円を超え、家計も冷える~(>_<)。
 電気式床暖房は導入にコストがかからない反面、ランニングコストは高めと承知していたものの、やっぱり電気代をどうにかしたいと思うようになり、東京電力に相談に行きました。昼間は高いが夜間の料金が安いプランがあるからです。
 そして、1週間の電気の使用量を時間帯ごとに調べてもらいました(家庭の分電盤に測定器具を設置)。調べたのは11月で、床暖房を使い始める頃でした。

  その結果、22時から翌8時までの夜間の使用比率は33%、昼間は67%で、年間通してこの割合で使用すると現在の料金プランのほうが年間の総額で8千円程度安いということでした。

 うーむ…。朝は結構使っていると思ったんですけど、全体から見るとそうでもなかったんですね。子供も私もいる昼間の使用量が思いのほか大きかったです。
 こうなるとコツコツ節電するしかありませんね(^_^;)。

 ただ、電気というのは最も需要の多いときにあわせて発電量を制御していると聞きました。昼間は若干高くても夜間の電気料金がもう少し安ければいいのにと思います。(もちろん、深夜通電型の給湯器などには割引制度があるのですが、もっと広範囲の使用者が恩恵を受けられるようにして欲しいと考えるのはわがままでしょうかね…)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »