« はじめての図書ボランティア | トップページ | 当分の間、トラックバックは承認制にします »

2007/06/26

折り紙道

Blogdsc01840  現在小学一年の長男が折り紙に興味を持ったのは幼稚園年中の秋。折り方のわからない母親(^_^;)は折り紙の本(「おりがみランド!」金杉登喜子 著 わかりやすくてとても良かった)を買って、はじめのうちこそ一緒に折っていましたが…

 そのうち一人で本を見ながら折り始め、今度は市販の「恐竜おりがみ」「甲虫おりがみ」を買ってほしいと言います。聞けば「折り方の紙が欲しい」とのこと。折り図は白黒で、複雑な折り方もあるので恐る恐る渡したら、どうにかこうにか一人で折っているではありませんか!
 この頃(幼稚園年長)になると、「わからないから教えて」とやってきても母親沈黙…必死に考えてようやくわかるか、全くわからないか(苦笑 ^_^;)。

 そして一年生の今年、24センチの折り紙一枚で折る甲虫に挑戦中です。テキストは「1枚のかみでおる おりがみ 世界のカブトムシ・クワガタ」 山田勝久 著
 親はもはやついていけません。これから彼の折り紙道はどこまで進んでいくのやら…。

 写真は1枚で折り上げたアトラスオオカブト。

|

« はじめての図書ボランティア | トップページ | 当分の間、トラックバックは承認制にします »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 折り紙道:

« はじめての図書ボランティア | トップページ | 当分の間、トラックバックは承認制にします »