« 住まいも地産地消で | トップページ | はじめての図書ボランティア »

2007/06/05

群馬県玉原(たんばら)高原~誕生日ハイキング

 今年の、長男の誕生日ハイキングは尾瀬!  …と思っていたのですが、尾瀬はミズバショウの見ごろに当たり、早朝から多くの登山客が押し寄せることから予定変更。玉原高原にブナの新緑を見に行くことにしました。

Blogdsc01819  駐車場に着くなり、大音響の蛙の鳴き声…と思ったら、ハルゼミなのだそうで(^_^;)。森を歩いている間中、蝉時雨でした。

 山道に入ってから40分ほど登るとブナ平に。空気がおいしい!緑がとにかく美しい!葉の重なり具合や光の当たり方で、淡い緑、明るい緑、少し深い緑と魅せてくれます。木の生命力を感じて、これぞ森林浴です。(写真をクリックすると大きくなります)

Blogdsc01815  子供たちも、街に出かけたときは歩き疲れたと言うのですが、森だとずんずん歩きます。時折出会うハイカーの方に「えらいねぇ。よく歩くねぇ!」と声をかけられ、まんざらでもない様子。
 この日は正味3時間歩き通したので、親も感心したのでした。
 写真は大きなブナの木と撮りました。

Blogdsc01824  この、高くそびえる木はシナの木です。合板の表面材や、木版画の版木に使われます。我が家でもドアや家具の表面材にシナを使っています。
 この木は沼田市の銘木100選とのこと。

Blogdsc01828 ブナ平を抜けて起伏のある道を行くと三角点に到達。道の脇にぽちっとありました。展望はありません。
 ここから玉原湿原に向かう途中、なんとカッコウの声が!森に良く響く声で、子供たちも感動…。

Blogdsc01830  美しい花も発見。
 何という名前なのでしょう?
 今度ハイキングに行くときは花のガイドブックも必要ですね…(^_^;)


Blogdsc01832_1   そして湿原に到着。バックの、黄緑色の葉は、ミズバショウです。花が終わると葉が大きくなることを初めて知りました。
 快適な陽気でしたが、やはり高原、午後2時になると冷たい風が吹き始めました。子供たちに上着を着せて、湿原を後にしました。

Blogdsc01836  最後は湧き水を頂いて…無事ハイキング終了(^^)。

 <今回のコース>
 センターハウス→ブナ平→長沢三角点→玉原湿原→センターハウス
 天気:晴れ時々曇り 所要時間(休憩含む)4時間30分
 (休憩なしの標準コースタイムは約1時間半)

 

|

« 住まいも地産地消で | トップページ | はじめての図書ボランティア »

親子でハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群馬県玉原(たんばら)高原~誕生日ハイキング:

» 沼田市の玉原湿原の散策 [渡良瀬橋夕景ブログ!]
 梅雨の晴れ間、沼田市の玉原湿原を楽しみました。 【群馬県沼田市・玉原湿原】  上州武尊山の南東麓に広がる高原(標高1200〓)が玉原湿原です。木道の整備された湿原で、多くの高山植物が目を楽しませてくれます。 【アクセス】  関越自動車道:沼田IC→国道120号の信号右折→最初の信号を右折→県道266号(上発知材木町線)→迦葉山の案内標識を直進→自然管理センターの駐車場(左側) 【今日の花情報】  タニウツギ、オゼヌマタイゲキ、ツマトリソウ、ヒオウギアヤメ、コバイケイソウ、ウ..... [続きを読む]

受信: 2007/06/18 17:22

« 住まいも地産地消で | トップページ | はじめての図書ボランティア »