« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007/07/15

居間の行方

 14日(土)は、埼玉・住まいの会のNPO法人発足記念の会に行ってきました。
 埼玉・住まいの会とは県内に拠点を置く設計者・工務店・材木店が「地域・継承・簡素・安全・循環」を大事にした良質な住まいを作るために作った会で、会員の研鑽のほかに一般向けの相談活動も行っています。(ホームページはこちら

 この日の記念講演は埼玉大学教授 内田青蔵さんの「間取りから見た日本の住まい…家族本位の住まいの誕生とその行方」というものでした。
 家族団欒が始まり、団欒の場としての居間が確保されるようになってたかだか100年。現在は「居間があれば家族が集まる」時代の終わりを迎えており、話し合う機会を家族が意識して持たねばならない生活スタイルになってきている…という点が心に残りました。

 ひるがえって我が家での「団欒」は…。
 家族全員が同じ場に揃うのは夕食のときぐらいで、食事が終われば夫と子供は居間でテレビを見ることもありますが、私は台所で後片付けしながら少し参加する程度。
 家族が揃う日曜も、ちょっと買い物に行くと終わってしまい、「団欒」とは程遠い状態。時折行くハイキングが貴重な家族団欒…とすると、我が家の団欒の場は山や高原ということに!
 これから子供たちが成長してくれば、それぞれの家庭学習や課外活動などで、家族全員が揃う団欒がますます取りにくくなるのは目に見えています。うーむ、団欒、危うし!

 皆さんのご家庭ではどこが団欒の場になっていますか?居間は活用されているのでしょうか?

 最近では、居間は団欒の場というよりくつろぎの場で、家族みんなが揃うことに重きが置かれていない(現実に集まれないため)ように感じます。 そう考えると、離れていても家族の気配が感じられる、開放的かつコンパクトな間取りは「どこからでも家族と話ができる場」としてこれから重要視されていくように思います。そういう意味では居間はすでに拡散の方向へ向かっているのかもしれません。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/06

初夏のイヤイヤ保存食作り

 うちの夫が勤める工務店の親方は人望が厚く、旬の野菜などがどこからかやってきます。夫も分けてもらうこと度々で、実にいろいろなものを持ち帰ってきます。そのため、我が家では自動的に旬のおいしいものが食卓に並ぶ仕組みになっています。親方、いつもご馳走様ですm(__)m。
 しかし、日常食べる野菜ならいいのですが、時には手ごわいものもやってきまして、先月は「らっきょう500g」と「梅3kg」。夕食のおかずにはできないし、放っておくと芽が出たり、傷んだりしてしまう…(>_<)

Blogdsc01841  そこで一念発起してやってみました!保存食作り。
 下処理には夫も子供も動員しました。一人ではとてもやる気になりませんから(^_^;)。

 写真は上から「らっきょうの甘酢漬け」「梅シロップ」「梅干」。

 らっきょうは正式には塩漬けした後、塩抜きして甘酢に漬けるらしいのですが、面倒なことはパス!塩をまぶして常温で3時間おき、水気を切って熱くした甘酢につけました。漬けて約3週間経ちますが、もう食べられます。

Blogdsc01844  梅シロップは洗ってへたを取った青梅を冷凍し、氷砂糖で漬けると失敗がないようです。
冷凍することでエキスが早く出るからだと思います。

 そして今回頂いた梅は熟したものが多かったので、初めて梅干に挑戦しました。来年作るかどうかもわからないので(笑)、容器は他に転用が利くホーローのものを買いました。
Blogdsc01849  漬けて約2週間、梅酢が上がり、カビもなく一安心\(^o^)/。余分な梅酢を取り、市販のもみしそを入れて(写真下)、梅雨明けまで漬け込みます。

 ズボラな私は、こういった保存食を作るのが億劫で仕方ありません。普段の暮らしに追われて、「ちょっとのがんばり」をする気が起きないのです。
Blogdsc01851  追われているということはこまめな人に比べて時間の使い方が下手なのだと思います。だから家族に助けてもらって、イヤイヤ作り始めるのですが…作り始めたら、エキスが出るなどの材料の変化を楽しみ、出来上がりをわくわくしながら待つ自分に気づくのです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »