« カブトムシのその後 | トップページ | 榛名富士と榛名湖畔~誕生日ハイキング »

2007/11/10

落語会初体験

先日、子供たちと初めて落語会に行ってきました。
落語だけではなく、太神楽に紙切りに踊りも…。
寄席に行ったことはないのですが、寄席に行けばこのようなさまざまなプログラムが楽しめるのではないかと思う内容でした。

子供も大人も楽しめたのは、鏡味仙志郎さんの太神楽と林屋正楽師匠の紙切り!
太神楽は技が高度になるにつれ、ドキドキしながら見つめることに…。テレビで同じものを見たときの、何倍ものドキドキ感です。そして紙切りは鮮やかな手さばきと完成度の高い作品に思わず拍手。富士山といっても山だけを切るのではない、それを眺める旅道中の人々が構図に入っているところも見事です。我が家の二人も、間近で繰り広げられる伝統芸を食い入るように見つめていました。

そして幸運なことに紙切りでは長男が出したお題、「オオクワガタ」を師匠に切っていただきました(*^_^*)。

Blogdsc002801_3   

「少年とクワガタ」といった絵ですが、この少年は長男をモデルにしてくださいました。ものの2分足らずなのに、実に細かく切ってあります。プロの技のすごさを見せていただきました。

落語会ですからもちろん落語もありましたが…子供たちが早々に脱落してしまい、うろうろする下の子をなだめたり、飽きてきた上の子をたしなめたりで話芸を味わうにはほど遠い状態(T_T)。

次回の落語会は3年後?5年後?のお楽しみになりそうです。今度は寄席に行ってみたいと願う母でした。

|

« カブトムシのその後 | トップページ | 榛名富士と榛名湖畔~誕生日ハイキング »

暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86449/17028026

この記事へのトラックバック一覧です: 落語会初体験:

« カブトムシのその後 | トップページ | 榛名富士と榛名湖畔~誕生日ハイキング »