« 雪の休日 | トップページ | 被災建築物応急危険度判定士 »

2008/02/09

ああゴールドキング~ネズミロボット大会出場記

 学校から「第11回さいたま市科学者の卵コンテスト」のチラシを受け取ったのが10月中旬。小中学生を対象としたロボットコンテストです。
 
 おもしろそうだなと思いつつ、2,3人でチームを組む必要があるので、2年後に兄弟で出ると良いかな…と思っていたら、K君からお誘いが!
 テレビでやっている大学・高専ロボコンが大好きな我が家ですから、長男も「出る」と即答。3ヶ月かけて準備して、2月2日の本番に臨みました。チーム名は「ゴールドキング」。目標は一回戦突破。
 
 小学校1年から3年はネズミロボットのキットをもらい、それを組み立てて装飾・改造を施しスピードを競います。100チームのトーナメント戦です。会場はこんな具合。

Blogdsc00330
 
 いよいよ我が「ゴールドキング」の出番。K君が出走の準備をして、いざスタート!

Blogdsc00329
 
 !!!!!!
 …なんで動かないの????
 
 そうなんです。前の日まであんなに快調に走っていたロボットがぴくりとも動かなかったのです。親も子も、頭が真っ白に!
 電源が入らなかったチームは一回戦に限り再レースができたのですが、原因がまるでわからないまま、再レースを迎え…ロボットは全く動かないまま一回戦敗退となりました。
 
 そのときの脱力感といったら…(T_T)(T_T)。
 そして、少したってからの悔しさといったら…!!!
 
 その日のうちに、来年もこのチームで再チャレンジすることが決定(笑)。
 会場で写真を撮って来年への決意を新たにしました。

Blogdsc00337
 
 一週間たった今思うのは、あの大会で感じた脱力感や悔しさや、子供達に対するいろんな感情は普段の生活ではなかなか味わえないことだったよなぁ…ということ。
 K君、K君のお母さん、そして陰で頑張った二人のお父さん、ありがとう。
 来年もよろしくお願いします。

|

« 雪の休日 | トップページ | 被災建築物応急危険度判定士 »

暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86449/40053477

この記事へのトラックバック一覧です: ああゴールドキング~ネズミロボット大会出場記:

« 雪の休日 | トップページ | 被災建築物応急危険度判定士 »