« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008/03/24

被災建築物応急危険度判定士

Blogdsc00358  少し前になりますが、2月19日に「埼玉県被災建築物応急危険度判定講習」を受けてきました。
 
 被災建築物応急危険度判定とは、大地震などの後、危険な建物に人が近づいて二次災害に巻き込まれるのを防ぐため、被災後すぐに判定士が建物を確認し、「要注意」「危険」などの張り紙で住民の方々に注意を促すものです。(大きな危険のない建物については「調査済」の張り紙がされます。)
 
 注意点としては
 1.市町村の発行する罹災証明とは別のものであること。
 2.建物に大きな被害がなくても「危険」の判定を受ける場合があること。
 
 2.については地盤や、塀、隣の建物など周囲の状況も含めて判定がされるため、このようなことが起こります(判定士は判定の根拠を張り紙に記入しています)。
 大きな地震の後には余震があります。「危険」と判定された建物には決して近づいてはいけません。
 
 現在、埼玉県には約5千人の判定士が登録されており、他県で起きた災害の際にも現地に派遣されています。。
 大きな災害が起きないことを祈りますが、万一起きてしまったとき少しでもお役に立てればと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »