« 結実 | トップページ | 進修館(埼玉県宮代町) »

2008/07/18

大丈夫、だいじょうぶ

 今日で1学期が終わります。
 子供達は彼らなりに成長しているようですが、
 親はうろうろしているうちに終わったような…(笑)。
 
 そんな中での出来事。
 
 先日、次男の幼稚園バスのお迎え時間に間に合わなかったのです。
 幸い、近くをバスが走っていたときに先生が私の帰宅に気づき、次男を降ろして下さいました。
 
 先生に謝罪とお礼の後、心細い思いをさせた次男にも謝りました。
 「遅くなってごめんね…。」
 
 そうしたら次男、にっこり笑って、
 「大丈夫、だいじょうぶ!」
 
 !!!
 
 親の私が5歳の次男に励まされてる…(;_;)
 
 思えば次男は、幼稚園入園の頃から見かけによらぬ繊細さが顔を出し始め、幼稚園に慣れるまで2年近くかかったり、身だしなみが彼の思うように整っていないと機嫌を損ねたり、何かと気がかりの多い幼稚園生活でした。
 彼が不安になるたびに、私は「大丈夫、だいじょうぶ。お母さんがついているからね」と抱っこしていたように思います。(まぁ、私も人間ですから「いい加減にしなさい!!」と噴火することも多々あったことも白状いたします…^_^;)
 
 そんな日常だっただけに、次男の一言は涙が出るほどうれしかったです。
 
 
 そして、だいじょうぶ、と言う言葉には不思議な力があるのかもしれません。
 
 今回のように、タイミング良く相手から言ってもらえるとすごくうれしいですが、そうでなくても自分で言ってみる、口に出すというのは大事なんだと思い始めています。
 
 先日「カンブリア宮殿」という番組で、中古車のガリバーの羽鳥会長が次のようなことをおっしゃっていました。
 
 ポジティブ思考は訓練です。
 いやなこと、マイナスなことがあっても、「良かった、よかった」と言ってみる。すると何かが変わります。
 
 「よかった」とは言えなくても、「だいじょうぶ」と言ってみようかな…。
 今の私の心境です。
 

|

« 結実 | トップページ | 進修館(埼玉県宮代町) »

育児」カテゴリの記事

コメント

すばらしい!
「良かった」と言えなくても「大丈夫」
私は友人に「幸せだあ」と口の出して言え!
メールで書け!と激励してきました
相手によっては「大丈夫」は次のステップを想定してGood!!

投稿: 口コミガリバー | 2008/07/18 16:43

 口コミガリバーさん、コメントありがとうございます。

 そうですね、「幸せ」といってみるのもポジティブ思考の一つですね。
 わたしはそういう思考はどちらかというと天性のものだと思っていたので、訓練ですと言われたときに、次男との出来事と絡めてハッとしたのです。

 これからもよろしくお願いします。

投稿: けやき | 2008/07/20 14:00

久しぶりにのぞいたら、トマトは実ってるし、梅雨はあけてるし、夏休みに入ってるし・・・。
ホント、ご無沙汰してすみません。

「だいじょうぶ」っていい言葉ですね。

昨年、モンゴルに行ってお世話になった遊牧民家族が、この言葉は、モンゴル語の同じ意味の言葉と、音が一緒なんだよって言ってました。
私の耳には、「だいじぐい」って聞こえたんだけど、確かに響きは良く似た発音でした。

滞在中、いっつもニコニコして「だいじぐい」って言われて、不慣れな環境での毎日も楽しく過ごせました。
やっぱり人を元気付ける言葉なのかもしれませんね。

投稿: RYO | 2008/07/30 01:16

RYOさん、モンゴルですか~!
あー、馬で旅したい…。

にこにこして「だいじぐい」

みんなが少しずつそんな風にいえる心のゆとりが持てると、たいていの些細な問題は解決するのかもしれませんね。

投稿: けやき | 2008/07/30 11:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大丈夫、だいじょうぶ:

« 結実 | トップページ | 進修館(埼玉県宮代町) »