« 200年住宅って… | トップページ | ねぎぼうずのあさたろう »

2008/10/16

秋色赤城山

 10月生まれの次男の誕生日祝いとなる、恒例の紅葉ハイキングに行ってきました。
Blogdsc01170  
 10月12日、幼稚園の運動会翌日に強行です(^_^;)。行き先は群馬県の赤城山。 
 前回(2年前)は紅葉が中腹まで下りてきていたので、今回は早めに行ってみました。行きの赤城道路はまだほとんど紅葉していませんでした。
 
Blogdsc01196  案内図にあるように、いくつかの山(これらを総称して赤城山といいます)に登れるようになっています。到着時間や次男の体力等考え、今回は駒ヶ岳(1685m)往復にしました。
 ぱっと見た感じ、紅葉は後2,3日で見頃かなぁといった様子。
 
 鎖場などはなく、子供連れでも安心して登れます。ただ階段(木製・金属製)が多く、段と段との間が開いているところや一人分の幅の階段もあるので、小さなお子さんには配慮が必要です。5,6歳~小学校低学年のお子さん連れには何組か出会いました。
 
Blogdsc01175  紅葉の美しいところがちらちらあって、楽しいハイキングです。飴などなめながら、山頂へ。
 簡素な看板が出迎えてくれました(^^)。
Blogdsc01181  山頂はあまり広くないので、軽食を食べ短時間で引き上げる方が多かったです。しかしそれを知らなかった私たち、山頂で子供達が「おなかすいてもう動けないよ」状態となったため、やむなく山頂で昼食となりました。手前の尾根で食べておけば良かった…(>_<)。
 
Blogdsc01185  本日の山ごはんは、
 前日に作った栗ご飯のおにぎり、ミニトマトに柿、ラーメン。
 天気も眺めも良く、「最高のレストランだね!」と声をかけていただきました。
 
 なんと富士山の頭がちょこんと見えたんです!
 うれしくて写真を撮ったつもりが…写っていませんでしたが(T_T)。
 
Blogdsc01189  邪魔にならぬよう、食べた後はさっさと片付け下山。14時過ぎると急に寒くなり、全員フリース着用。駒ヶ岳は頂上の手前に尾根歩きもあり、これもまた楽しい。
 
Blogdsc01192Blogdsc01186   途中、小沼(この)も見えました。
 
 下山後は大沼(おの)をちょっと眺めて、本日の行程無事終了。
 馬事公苑近くの桑風庵でおそばを食べ(手打ちそばは山芋つなぎでおいしかった)、富士見温泉ふれあいの湯で温まって帰りました。
 
 今度は赤城山最高峰の黒檜山~駒ヶ岳と歩いてみたいです。
 
 <今回のコース>
 駒ヶ岳登山口→(90分)→山頂(昼食60分)→(100分)→駒ヶ岳登山口
 休憩を含む。(下山の方がおやつタイムが長かったので時間かかりました。)
 
 ★フリースとウインドブレーカー(またはレインジャケット)は必携です。
 

|

« 200年住宅って… | トップページ | ねぎぼうずのあさたろう »

親子でハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋色赤城山:

« 200年住宅って… | トップページ | ねぎぼうずのあさたろう »