« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009/02/24

富士ハウス倒産の教訓

 先般から富士ハウスの倒産が住宅業界では大きな話題となっています。
 
 静岡県の浜松を拠点とする大手で、いわゆる「200年住宅」のモデル事業に国から認定されたことで契約し、被害に遭われた方が多いのです。工事中の現場が700件以上、お金を払ったが未着工のものは1400件を超えるそうです。
 
 それ以上に、深刻な事態に陥った要因として、次の二つがあげられます。
 
 
 1.建て主が必要以上のお金を振り込んでいた(振り込まされていた)。
 
  新築住宅の場合、着工時、上棟時、完成時と3回に分けて支払うことが一般的です。着工時と上棟時にはそれぞれ建設費の2~3割を支払います。ところが富士ハウスの場合、着工前に7割前後振り込んだ事例があるそうです。このように、その時点における調達資材費を大きく超える金額を振り込むのは大変危険です。
   
   
 2.富士ハウスが(財)住宅保証機構の住宅完成保証制度に登録しておらず、従って保証契約を交わした建て主もいないため被害者が保証を受けられない。
 
  住宅完成保証制度とは、工事途中で事業者が倒産したりして工事が進まない、資金も戻らない場合に、損害金の補填や継続して建築してくれる事業者を斡旋する仕組みです。
   
  この金融危機や不況で大手といえども経営の厳しいところは多いと思います。(富士ハウスも200年住宅の事業認定を受けられたのですから、技術はあったと思いますが、経営は別だったということです)これからは、会社が大きいから、パンフレットがきれいだからと安心せず、保証を受けることが安心につながります。
   
  なお、保証を受けるには、建て主が「住宅完成保証を受けることを条件に工事契約を結ぶ」ことを建設事業者(メーカー、工務店)にはっきり意思表示することが条件です。建て主が希望しなければ活用できない制度です。
   事業者がこの制度に登録するには審査がありますので、税金の滞納など経営状態の悪い事業者は審査に通りません。
   
   
  個人的には、たとえ住宅完成保証制度がなくても、必要以上のお金を振り込まなければこれほどの損害はなかっただろうと思うとやりきれない思いでいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/20

設計料無料はありえない

 設計事務所に設計を依頼する…なんだか敷居が高いですよね。第一どこにあるのかわからないし(笑)、高そうだし(泣)…変なの作られそうだし。
 
 今はネットである程度の検索はききますから、どこにあるかはわかるようになりました(^^)。どんな設計をしているのかも、写真などで紹介している事務所だと傾向がわかります。
 
 でも「設計料を余分に払うのはもったいない」。
 果たしてそうかどうかを考えてみます。
 
 自宅の新築・リフォームを設計込みでメーカーや工務店に依頼する場合、設計料が表に出てこないことがあります。中には「プラン作成無料」というところも…。
 しかし、設計なしに工事はできません。誰かが設計しているのです。そして設計者はそれでご飯を食べています。設計者のお給料はどこから来るのか…それは建て主さんが建築費として支払う中からです。
 
 つまり、見た目無料でも建て主さんは設計料を払っているのです。
 しかも、「プラン作成無料」だと、プランを作っただけで成約に至らなかったお客さんにかかった設計料はどうなるの? 無料ですから当のお客さんからは頂けません。…これもおんぶおばけのように建て主さんに乗っかってきます。
 
 あれ、「余分な設計料」を節約するつもりが、おかしなことになってきました。
 
 そうです。メーカー、工務店や設計事務所にかかわらず、設計という仕事がある以上、設計料は無料にはなりません
 「無料」という言葉に踊らされないことが大事だと思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/02/12

日和田山の男坂

 日和田山には昨年4月にも訪れましたが、2度目の今回はお正月、1月3日に出かけました。前回は「見晴らしの丘」を経由しましたが、今回は「男坂」に挑戦!
 
 始めはこんな感じでのどかに登っていきますが…
Blogdsc01334  
 男坂の分岐点から先は、こんな道?や…
Blogdsc01340  
 こんな岩ごろごろの道?に挑むことに。慣れた人は、すいすい登っていきます。このコースをひょいひょいと下る方もおられます(すごーい)。私はのろのろと、マイペースで…。
Blogdsc01343  
 でもこんな表示に励まされ…
Blogdsc01344  
 山頂へ!
 おっかなびっくり登っていた子供達も、ちょっと誇らしげです(^^)。
Blogdsc01347  
 実は長男が珍しく、「行きたくない」と前日から言っていたんですが、来てみればまんざらでもなかった様子。
 
 頂上から少し下りたところで、昼食。
 秋に失敗したので、このときはおにぎりとリンゴだけで簡単に済ませました。
 良いお天気で、遠くに富士山が見えました(写真の矢印の先)。
Blogdsc01358  
 下りは見晴らしの丘経由で、登山口まで余裕を持って下りることができました。
 
 ハイキングの良いところは、同じ山でもコースが違えば全く違う姿を味わうことができること。また同じコースでも、季節が違えば違った魅力が見えてきます。
 
 次はどこに行こうか…子供達も体力がつき、楽しみの増えるハイキングでした。

 <今回のコース>
 登山口→(男坂経由・90分)→山頂→(見晴らしの丘経由・40分)→登山口
 ★昼食時間を除きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »