« 東京国立博物館(その2) | トップページ | 行きたくないよ »

2009/03/31

卒園

Blogdsc01330  今日で3月も終わり。桜も咲いてきて、気持ちも晴れ晴れ…といきたいところですが、我が家にはB型インフルエンザの患者が一名(>_<)。しばらく静養モードです。
 
 この17日、次男が幼稚園を卒園しました。
 我が家は子供二人ですので、親も卒園です。
 
 長男を入園させたときから次男の卒園間際まで、私の体調に波があり、文字通り「親と園との二人三脚」での育児でした。
 
 「幼稚園は、子供達にとっても、親御さんにとっても居心地のいい場所、そのままのお母さんでいていい場所なんですよ。」
 
 この言葉がどんなに私を安心させてくれたことか。
 
 いろんなことがあって、私もたくさん笑って、たくさん泣きました(私は泣き虫です)。
 
 長男が年中の時は、私の静養のために1ヶ月以上園を休ませることになりました。年長になって楽しみにしていたお泊まり保育、咳が出て先生方には迷惑をかけてしまったけれど、なるべく園で過ごせるよう取りはからって下さいました。
 
 長男の行事のたびに一緒に幼稚園に行き、すっかり慣れたはずの次男は、いざ自分が通う番になると全くなじめず…自分が出せるまで2年近くかかりました。
 
 そんな中でも行事で見せる子供達の、ちょっと緊張した姿、頑張る姿、とびきりの笑顔におちゃらけ…家とはまたひと味もふた味も違う姿に、感心したり驚いたり。
 
 卒園式では、練習の甲斐あって元気の良い返事、堂々とした態度で卒園証書を受け取り、感無量でした。
 
 親としての自分は周りからの評価に振り回された、弱い親でした。今でも多分にそういうところはあります。でも、あることがきっかけで、自分が親や周囲とのつきあい方を考え直すことによって、体調も安定し、改めて親として、子供達と関わり始めているところです。
 こんな親子を支えてくださった幼稚園には感謝していますし、これからも「居心地のいい場所」であってほしいと願ってやみません。
 
 長男を産んでもうじき9年、辛かったこともたくさんありましたが、次男が晴れて卒園できることを心から幸せに思います。

(写真は子供たちがこれまでに使いつぶしたお絵かき帳の山…描くも描いたり!)

|

« 東京国立博物館(その2) | トップページ | 行きたくないよ »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86449/44519675

この記事へのトラックバック一覧です: 卒園:

« 東京国立博物館(その2) | トップページ | 行きたくないよ »