« 行きたくないよ | トップページ | 新潟県栃尾のまちづくり »

2009/04/27

プチプチシートの効果

 11月に我が家の窓廻りをプチプチシートなどで貼って、一冬が過ぎました。
 詳しい記事はこちら
 
 今日はその報告です。
 
 
 まず、暮らしてみて感じたこと。
 
 窓からの冷気を感じることが少なくなり、結露も減りました(なくなったわけではありません)。部屋の、不快に冷たい部分が減るというのは想像以上に快適でした。
 ただ、1-2月のもっとも寒い時期は建物のコンクリートが冷え切ってしまうためか、室内全体としては寒さがあまり変わらない印象でした。
 
 
 次に、電気料金の変化(我が家は電気の暖房のみ使用しています)。
 
 11月から4月までの電気料金の変化を調べました。
 
 この期間全体では、203KWh 4.9%の使用量を減らすことができました。
 (金額にすると約4900円)
 
 月ごとの、1日あたりの使用量(KWh)は
 
 11月 20.0→17.0
 12月 23.0→22.1
  1月 21.6→23.0
  2月 27.5→23.4
  3月 23.0→24.5
  4月 17.2→15.3
  
 2月は暖冬(1日の平均気温が前年3.4℃→今年5.9℃)の影響を受けていると考えられますが、11月、4月は窓断熱の効果が現れているような気がします。
 
 木造の土壁住宅においては、
 部位ごとの熱損失量(家全体の損失量を100%とする)が
 
 外壁   37.2%
 窓    26.9%
 すきま風 17.4%
 
 という報告があります。外壁の断熱は効果が高いのですが、集合住宅において個人で対応できることはなかなかありません…今年は北側の窓にもシートを貼ってみようと考えています。

|

« 行きたくないよ | トップページ | 新潟県栃尾のまちづくり »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

渡辺さんお久しぶりです。まず、近況から、、、
我が家の次女も1年生になりました。学校大好き、学童保育大好きで、がんばっています。あいかわらず、私は研究と育児とその他もろもろで駆け回っていますが、子供たちはとってもすくすく大きくなっています。去年主人が単身で転職してしまって主人(岐阜)と私の奇妙な別居生活が続いています。ママ1人で子供たちを育てながら普通に仕事しています。別居も新鮮で、最初は離婚しようと思っていましたが、最近はこの距離感がいいなと思うようになってきました。もう二度と男のヒトとは暮らしたくないね。でも時々会うのはとってもうれしい!!!
では、もう少しでゴールデンウイークで、主人とゆっくりできそうです。子供たちもパパとゆっくり遊べていいね。岐阜の主人のところに遊びに行って去年は二回も白川郷のトヨタ自然学校に泊まってしまいました。とってもお勧めです。
では、お互いがんばりましょう。我が家も冬場は毎年プチプチ張りますよ。気分あったかいです。
和江

投稿: 高山(辻)和江 | 2009/04/27 23:22

コメントが遅くなってすみませんm(_ _)m。

男性と暮らさず、時々会うのがうれしい…なんか、わかる気がするなぁ(笑)。

夫との距離感、子供との距離感、その絶妙な落としどころを探るのが家族生活かもしれませんね(^_-)。

ぼちぼち更新していきますので、今後ともよろしくお願いします。

投稿: けやき | 2009/05/01 19:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86449/44810446

この記事へのトラックバック一覧です: プチプチシートの効果:

« 行きたくないよ | トップページ | 新潟県栃尾のまちづくり »