« 地域で暮らす | トップページ | 「骨」展…骨とデザイン »

2009/07/29

木のむらキャンプ場

 夏休みに入り、雨がちな日が続いています。
 例年より涼しいので助かっていますが、
 (特に夫は冷暖房のない場所で働きますので)
猛烈な湿気にまいっています…。
今年はどうしちゃったんでしょうね、天気。

天候不良で災害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます。

さて、我が家は7月18日に、初めてのキャンプに行ってきました。

林明子さんの本に「はじめてのキャンプ」というのがあります。
小学校低学年向きかな…。「はじめてのおつかい」も林さんの作品ですが、
二つの作品とも、主人公の「ドキドキ」する様子の描写が素晴らしいなと思います。ぜひご覧下さい。)

 行ったところは埼玉県ときがわ町の「木のむらキャンプ場」。
 時折雨がぱらつくあいにくの天気ながら、大降りにはならず良かったです。
Blogdsc01827  
 都幾川の源流域にあたり、木立に囲まれたキャンプ場でした。
 テントサイト目の前の川は浅くて、水遊びにちょうどいい(ただし冷たいです)。
 水嫌いの子供達も楽しそうです。
Blogdsc01831  
 常設テントは昔懐かしい三角型のテントでした。
 床はスノコの上に張ってあって、
 その上に銀マットを敷いたので思ったより快適。
 
 今回のキャンプの目的は「クワガタ採り」。
 着いたらさっそくミヤマクワガタに出会い、幸先は良かったのですが…
 その後は翌朝も含め一向に見つからず、
 捕まえることはできませんでした。残念!
 
 でも、花火はできた(^^)。
Blogdsc01816  
 食事も簡単に済ませる「スモールキャンプ」です。
 何家族か集まっていくキャンプならみんなで手伝いながら料理や食事を楽しむのもありだなぁと思うのですが、家族だけだとできるだけ簡素にして、散策したり、星を見たりに時間を使いたいな…と思っています。
 
 川のせせらぎは、テントの中に入ると「雨?」という音がするのですが、
 これは意外と気にならない。
 
 一方で学生グループが私たちのテントサイトのすぐ近くで大声を出していたのには閉口させられました…深夜2時まで大騒ぎです。もちろん注意したのですが聞いてはもらえません。
 そして3時には酔いの進んだ学生が、テントのすぐ前の川で嘔吐…。
 
 私たち、あなた方に何か恨みを買うようなこと、したんですかっ!
 マナー違反というより、嫌がらせに近い印象で…最悪でした。
 KY(空気が読めない)とか気にする割に、集団になると周りのことを考えられなくなる…人間のイヤなとこ、たっぷり見せていただきました(--;)。
 
 いい環境だと喜んでいたのに、また行きたいかとなると微妙です…。
 眠れなかった旨を管理事務所に伝えましたが、退去勧告など積極的に指導しようという感じではないようでした。注意したときは静かになるが、またすぐ元に戻ると管理人の方が言っていました。
 
 でも、キャンプにはまた行きたいです!
 

|

« 地域で暮らす | トップページ | 「骨」展…骨とデザイン »

暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86449/45773185

この記事へのトラックバック一覧です: 木のむらキャンプ場:

« 地域で暮らす | トップページ | 「骨」展…骨とデザイン »