« 世田谷美術館 | トップページ | 兄弟げんかすることは… »

2009/09/29

両手を空けて

 9月中旬以降、小学校の運動会やら建築関係の講習会やらマンション役員の仕事、そして連休は夫の実家で農作業の手伝い…本業の仕事はないのに(泣)、なぜこんなにあわただしいのか(笑)。
 
 そんな中、外出するときにはできるだけ「両手をあける」ようになりました。
 
 子どもを連れていると「とっさの時に子どもを捕まえられる」ようリュックを使うことが多かった私も、仕事関連の講習会はショルダータイプのバッグを使ったりしていたのですが…試しにやめてみるとこれがかなり快適!
 
 歩けるんです。歩いても、疲れ方が違います。不思議なことに楽しさが増えるんです。
 
 歩くって、脚だけで歩いているのではないんですね…。
 
 手の振り…ひいては胴体の動きが大きく影響しているようです。リュックでは手が自由なこと、荷重が肩や腰にバランス良く配されることが大きな利点です。
 小学生の鞄が「ランドセル」なのは機能的に見て非常に合理的ってことですよね(楽にもてる、歩ける、体の成長を妨げにくい)。
 
 出かけて帰ってきても、そこに家事が待っている身としては簡単に疲れるわけにはいかないので、しばらくは「両手を空けて歩く」ことを優先して出かけたいと思っています。
 デザイナーの佐藤可士和さんは普段の通勤にバッグを持つことすら無いそうです。職種によっては難しいかもしれませんが、それでも、鞄と上着は会社に置いておき、通勤は小さなリュックで…など工夫の余地はありそうです。
 
 よく小さなお子さんを連れて散歩するお母さん、見かけますよね。
 あれをみて「主婦はいいなぁ」と思う方、一度やってみるとその苦労がわかります。お子さんの方は歩いてますが、お母さんの方は歩いていないのです。手はふさがり、子どもに合わせてゆっくりと、そして何度も立ち止まらねばならない…全く自分のペースで歩けないのです。
 あれは「散歩」ではなく「育児」なのです。
 
 まもなく10月、散歩やウオーキングには良い季節です。「両手を空けて」歩くと、ことのほか自由を感じられそうです。 

|

« 世田谷美術館 | トップページ | 兄弟げんかすることは… »

暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86449/46342492

この記事へのトラックバック一覧です: 両手を空けて:

« 世田谷美術館 | トップページ | 兄弟げんかすることは… »