« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009/10/29

飯能(その2)

 前回に引き続き、10月20日の研修会の続報です。
 飯能の林業地を訪れたあとは、吾野(あがの)原木センターの見学。
Blogdsc02053  
 大きな材も出ており、写真は樹齢約160年の材。
Blogdsc02057 山の苦しみは市場の苦しみでもあり…平成20年、この市場の取扱量は平成元年の約58%、売上高に至っては約16%となっています。 
 ここで思い知らされたのは、国産材の「値崩れ」と言っていいほどの価格低迷です。

 この原木市場では、杉丸太は3メートルの柱がとれるものの場合、1立方メートルあたり現在は平均¥9,000-(平成21年9月)で取引されています。
 平成元年には同程度のものが、平均¥28,000-だったのですから、ちょっと考えられないほど下がっています。
 一本¥1,000-以下の丸太もあるんです!
 
 「無垢は高いんでしょ」。よく言われますが、今は外材と比べても価格差はありませんし、床材でいえば合板フローリングの方が高いことすらあります。
 材料代に関しては、国産の杉や檜が十分選択肢に入っていける状態なのです。
 (大手のハウスメーカーでも国産材の買い付けに力を入れているといわれています。)
 
 ここまで下がったのは、為替や輸入自由化の影響もあるのですが、「住まいが変わってしまった」こと、建て主の住まいに対する意識の変化があげられると市場の鴨下社長がおっしゃっていました。
 
 「板目」「柾目」「節」と聞いて、頭の中に想像ができますか?
 
 他にも板材の模様を「杢(もく)」と呼んで、日本人は親しんできました。「中杢」「笹杢」「筍杢」「玉杢」「縮み杢」…。
 
 親の世代(~昭和20年代生まれ)には昔ながらの「真壁」の家に住んだ人は多いことでしょう。部屋の中から黒光りする柱が見え、板の間があったり、二間続きの畳の部屋。天井も板材です。そしてトイレは離れていて暗く、冬は恐ろしく寒い…。(これは私の祖母の家の記憶です)
 
 今はどうでしょう、住みながらに無垢材の手触りや、香りや、木目を楽しんでいる人はごく少数。
 「大壁」の家では柱や梁は壁の中に隠れてしまいますので構造材を見ることすらできません。
 鴨下社長、「日本の文化はどうなるのでしょう」。嘆いておられました。
 
 埼玉の杉や檜は手入れの行き届いた良材です。ぜひ見えるところ、触れるところで使って毎日楽しんでいただきたいと思います。
 こんな時期だからこそ、こんな価格だからこそ、家のどこかに地元の材料を…。 
Blogdsc020591  それにしても、山の人、木に触れてお仕事する人たちの表情は実に柔らかいのが心に残る見学でした。(写真は競りの様子)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/22

飯能(その1)

 10月20日、埼玉県木づかいコーディネーター養成講座の一環として、埼玉県飯能市での実地研修に行ってきました。
 
 まずは西川林業地の見学。
 大変手入れの行き届いた、美しい杉、檜の林です。
Blogdsc02050  
 「西川」とは、荒川の西の方、今で言う飯能、越生、日高、毛呂山地域では江戸時代から品質の良い木材が供給されたことから、この地域の材を「西川材」と呼んでいました。いわゆるブランド材です。そこから逆にこの地域を西川と呼ぶようにもなった…ということです。
 
 戦前は杉・檜の林は全体の5割、残りは薪炭林(しんたんりん→文字通り、伐採して薪や炭にするための林)でしたが、戦後は需要の変化により8割が杉・檜の林となっています。枝打ちを施し、節の少ない優良材を出荷しています。
 
 この林業地の特徴は、全体の規模が小さいだけでなく(約2万㎡)、個人の所有規模も小さい(数ヘクタール)ことです。そのため、大きな出費に備えて一部の木を切らずに残し、大径木として高く売る工夫をしていました。これが立て木です
Blogdsc02052  立て木は主に神社仏閣の建築に使われます。

 平成に入ってから、杉・檜の木材価格は驚くほど下がってしまいました。平成元年の半値はおろか、3分の1近くにまで!!
 
 埼玉県は供給地でもありますが、大需要地でもあるんです。
 西川では県内需要の20%くらいしか満たせない。でも価格はこんなに下がっている。ここに林業の問題の深刻さがうかがえると思います。
 
 また林業の特殊性として、投資を回収するのが数十年後、あるいは百数十年後ということです。今植えた木は、子供や孫の世代になってようやく売れるのです
 どういう樹種、どんな品種を植えればいいのか…手間はどこまでかけられるのか…末端の消費者の意識が変化していく中で決断しなければならないわけです。
 
 美しい林の中で、厳しい現実がありました
 
 でもきっと、埼玉ならではの打開策があるような気がしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/12

兄弟げんかすることは…

 一緒にいるとケンカばかりするくせに、一人になると「相手がいなくて寂しい」という、我が家の息子たち。
 
 先日、小学1年の次男が、長男不在の時に
 
 「あ~あ、●●くん(兄の名)いないからつまんないな(-_-)」
 
 というので、私が
 
 「一緒にいたってケンカばっかりでしょ、今はケンカにならなくていいじゃん」
 
 と返すと、次男
 
 「オレがケンカをするというのはね、生きることなんだよ。」
 
 
 言い逃れもここまで来ると、脱帽です…深すぎます(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »