« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010/01/28

ピアノの音

 気がつけば1月も終盤、時間の過ぎるスピードが年々速くなり、怖さすら感じる今日この頃です。ご無沙汰しておりましてすみません。今年も地道に更新して参ります。どうぞよろしくお願いいたします。
 
 1月のK塾にて、後藤泉さんのピアノコンサートがありました。ヤマハの電子ピアノによるミニコンサートでした。
 
 K塾とは、建築家・プロダクトデザイナーの黒川雅之さん主宰のデザインセミナーで、月に一度、黒川さんの事務所に希望者が集まります。(詳しくはこちら)
 土曜日で、なおかつ子連れ参加を許して下さっているので、ありがたく参加させていただいています。
 
 ピアノの音が好きです。
 音楽には疎い私ですが、家には何枚かCDもあります。
 なぜ、こんなに惹かれるのか…音楽やお話を聴きながら、考えていました。
 
 1.打楽器である
   弦をハンマーでたたいて音を出すので、仕組みで言えば打楽器。
   後藤さんも「鍵盤に指をおいてしまうと、後は音に任せるしかない
   (修正がきかない)。」とおっしゃっていました。
 
 2.音域が広い
   オーケストラに出てくる全ての楽器よりも広い音域を
   カバーするそうです。 譜面上は、オーケストラ用の曲を
   ピアノで演奏できることになります。
 
 3.中間音がない
   白鍵と黒鍵のみ。(西洋)音階に忠実で、
   特に和楽器ではドとレの間の中間音を様々に出せるが
   ピアノの場合はドとレの間に1音しかない。
 
 ピアノが出現した当時は、すごく驚かれたのではないかな…
 未だにこんな楽器は他に見あたりません。
 この特徴ゆえに、一つの地位を確立した楽器。
 
 原始的で、自由で、デジタルで、音色のはかなさが美しい。
 それがピアノなのかな…と思いました。
 
 
 その日はゲストに、演奏に使った電子ピアノの開発者のかたもいらしてました。
 
 開発にあたっては、機能だけを残し他を全部そぎ落とした電子ピアノをまず作り、そこに肉付けをすることで全体のデザインを決めたそうです。
 
 普通のピアノを弾くと聞こえる「倍音(弦の共振で出る音)」も、ちゃんとプログラムされていて、この電子ピアノでも弾くと倍音が聞こえるそうです…すごーい。後藤さんが「良く音が出るので驚きました」とおっしゃっていました。
 電気制御なので、「音の鳴り具合も」手軽に調節できるのだそうです。後藤さんはプロのピアニストですから、簡単に響かないような設定にされたそうですが…良く響いていました。
 
 コンサートなど何年ぶり…?な母親としては実に心地よい時間でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »