« 2010年1月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年2月

2010/02/17

おお、ドラゴンマスター ~ネズミロボット大会奮戦記

 今日は、去る1月30日、さいたま市宇宙科学館にて開催された、
 「科学者の卵コンテスト~ネズミロボット大会」の報告です。
 
 これは小学校1-3年生がタミヤの「壁づたいネズミ」というロボットキットをベースに改造や装飾を施し、指定のコース上で早さを競うトーナメント大会です。
 
 この大会には長男が1年生の時から運良く毎年参加しており(希望者が多いと抽選で参加者を決める)、3年生の今年は友人のKくんと共に最後の参加、今年1年生の次男は初出場となりました。
 
 しかし過去2年の結果は悲しすぎるもので…
 
 初回は過去記事の通り、マシン動かず(T_T)。
 2回目は5秒もしないうちにコースアウト…(T_T)。
 
 「今年はなんとしてもコースを3周走りきる!」という目標の下、親子で取り組みました。
 
 改造に関しては、Kくんの親御さんと相談して、
 「大人にしかわからないような高度な改造はやらない」と決めました。
 あくまで子ども達の大会ですから、うちのチームはそうしようと。
 
 スピードを上げるとコースアウトする可能性が高いので、それをどうするか、大会前日まで試行錯誤でした。
 
 そしていよいよ本番当日。
 いつもは車内で口数の多い夫も、この日ばかりは無口…(笑)。
 レースをするのは子ども達なのに、親のほうがドキドキしている始末!
Blogdsc02199  
 チーム名はドラゴンマスター…龍の達人ってナニ?でもなんだか強そうです(^^)。
 真剣にトーナメント表を見る3人。今年は80チームが出場します。
Blogdsc02200  
Blogdsc02204  そして1回戦…初めてまともに走って…勝利!! やったー!!
 過去2年を思うと、ちゃんと走って、しかも勝つなんて最高でした。 
 親たちは3年目にしてようやく目標達成し、ほっと一安心。この後のレースは「ごほうび」のような感覚です。
Blogdsc02208  
 2回戦。勝っちゃいました…
Blogdsc02212 Blogdsc02219  
 3回戦…4回戦…あれよあれよという間に勝ち進んで、5回戦。
Blogdsc02225  ネズミは安定して走り続け、これも勝利。
 
 あれよあれよという間に、ベスト4進出!!
Blogdsc02227  決意を聞かれ、マイクの前で「勝ちたいです」と堂々の宣言をした次男。
 
 準決勝。
Blogdsc02230  
 残念ながら負けてしまいましたが、マシンは止まることもコースアウトもなく、勝負が決まるまでしっかり走ってくれました。堂々の3位入賞です。
 Blogdsc02232  
 レース後、健闘をたたえて拍手…ですが、負けず嫌いの次男は悔しそうです。
Blogdsc02245
 表彰していただいて、誇らしげな3人。
 
 
 他に早いチームはいくらでもあったのです。それに今年は3年生の二人が野球や書き初めに忙しく、取り組める時間が限られていました。
 苦節?2年の後にこんな結末が待っていようとは、チームの誰も想像していませんでした。
 
 この、大会の2時間…夢のような時間とは、このことをいうのでしょう。
 力を合わせて何かをすることのおもしろさが少しでも伝わったかな…?
Blogdsc02275  現在、ロボットは宇宙科学館で展示中です。
 
 最後に、Kくん、Kくんのご両親、応援してくださった皆さん、この大会を運営して下さったスタッフの方々に心からお礼申し上げます。ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/03

ブルージーンズ

 先日、5年ぶりくらいでジーンズを買い換えました。
 
 私は普段の外出にはたいていジーンズをはいていて、なくてはならないものの一つなのです。
 
 ですが、なかなか欲しいジーンズが見つからずに苦労しました。
 メーカー直営のアウトレットショップで品揃えも豊富だったのですが。
 (お金を出せばあるのでしょうが、そこはそれ、私は主婦ですから…)
  
 いわゆる丈夫なブルージーンズがなかったからです。
 
 今のジーンズははきやすくするためにストレッチ加工が施され、薄く柔らかくなりました。色だって、洗いや傷の加工がすでにしてあって、それらしい雰囲気になってます。
 
 ごわごわして色の濃いジーンズを、はいて、洗って、はいて…
 気がついたら体になじんで、いい色になってきた! なんて、昔の話?

 
 私はこの時間を楽しみたいのに。
 
 
 買ったときが最高で、後は傷んでいくだけのものばかりでは、つまらない。
 
 住まいも同じだと思いますし、ブルージーンズのような住まいを望む人のために、何かできないかと思います。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年5月 »