« 管理人の近況(その2) | トップページ | 簡単に作る、収納扉の開き止め »

2011/04/06

管理人の近況(その3)

 さいたまでは桜の季節がやってきました。
 子どもに言われるまで開花に気づかなかった私…。
 周りを見渡せば、たくさんの花が咲いている…いつの間に?
 
 今日も近況の続き。

 3.「買い物」について。
 
 震災以降、2週間は状況がいつもとかなり違っていました。
 私が総合スーパー(生鮮品だけでなく、日用品も扱う大型店)に出かける回数は月に2,3回です。普段は生協と近くの生鮮品専門のお店で済ませています。
 
 震災後、3月17日に総合スーパーに歩いて向かいました。そうしたら途中、明らかにそのスーパーから帰りの女性を3人くらい見かけました。
 皆さん、お米やトイレットペーパーを買っており、中には12ロールの袋を2つ、意気揚々と抱えている方も…。
 「そんなに買って、どうするの?」 もしかして、大家族ですか?
 これがその時の感想でした。
 
 そしてスーパーに行くと、平日の午前中だというのに人が多く、なんか不思議な熱気
 物はあるんですよ。割合普通に買い物できます。
 だけど、特定の物が極端に無いんです。
 
 お米
 インスタント麺
 食パン
 牛乳
 トイレットペーパー
 ティッシュペーパー
 生理用品
 電池
 カセットボンベ
  
 誤解の無いように改めて言いますが、これが3月17日
 現在、手に入りにくい物はごく一部の商品になっています。
 
 トイレットペーパーは、入荷しても午前中でなくなるようで、スーパー内でも抱えている人が多かったです。
 
 そして、そんな空気の中にいると、
 「何か買っておかないといけないのかな?」という気にさせられのです。
 
 これは危険だなと思いました。
 実際、私も普段より1品2品、多くカゴに入れていた気がします。
 
 それ以来、なるべく総合スーパーに行かないようにしていました。今まで以上に回数を絞って、必要な物をまとめて買うようにしたのです。買い忘れると不便ですが、何とかなるもんだなー、というのが率直な感想です。

|

« 管理人の近況(その2) | トップページ | 簡単に作る、収納扉の開き止め »

暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86449/51315354

この記事へのトラックバック一覧です: 管理人の近況(その3):

« 管理人の近況(その2) | トップページ | 簡単に作る、収納扉の開き止め »