« 管理人の近況(その3) | トップページ | 床タイルの目地を埋めてみた »

2011/04/12

簡単に作る、収納扉の開き止め

 今も続く余震…ぐらっと来るたびにドキドキしますが、何度来ても何もできないでオロオロします。
 
 我が家では本震後すぐにガムテープで収納の開き戸を留めました。が、1ヶ月も経つと、どうにかならんかな…と思い始めます。いちいち音がするのと見た目が悪い…台所では頻繁に開け閉めするので余計気になります。
 
 そこで、自分で作れる簡易なアオリ止めを考えてみました。
 市販の物は性能が売りなだけにその存在を主張するし、結構高価です。そのような金物は何もないけど応急に手当てしたいときに、試してみて下さい。
 
 用意する物は、直径1.2ミリのステンレスの針金とラジオペンチ。針金は20-25センチぐらいに切っておきます。
Blogdsc02744
 
 まず端部をペンチでしっかり持って、巻きます。
 針金に直交するように持ち、ペンチの先に巻き付けるようにすると上手く巻けます。
Blogdsc02749
Blogdsc02758
 
 初めはきつく巻き、端が手に触れて傷つくのを防ぎます。あとは写真のようにゆるめに巻きます。
 
 両方巻いたら、こんな感じ。これが基本形です。
Blogdsc02750
 
 写真のような彫り込み型の取っ手では、取っ手の内側に巻いた部分を入れ込めるように取り付けます。
Blogdsc02751
Blogdsc02752
 開き具合を確認し、針金の巻き具合を調整すれば完成です。
 
 ハンドル式の取っ手では、巻くのを片側だけにします。
 巻いていない端を取っ手の取付部分に直接巻き付けてしまいます。
Blogdsc02754
 そして巻いた側を、もう一方の取っ手の取付部分に引っかけます。
Blogdsc02755
 しっかり引っかかるように巻きを調整して完成です。
 
 つまみタイプの取っ手では、両方を巻いて上から巻き込むように取り付けるか、片側をつまみに直接巻き付け、巻いた片側をもう一方のつまみに引っかけます。
Blogdsc02760
Blogdsc02762
 
 片開きの場合にはそのままでは対応できないのが欠点ですが、工夫すれば対応可能な場合があります。
 
 針金は太いほど丈夫ですが、ペンチで切れなかったり曲げにくかったりしますので、1.2㎜とそれより1-2段階太いものを購入して試してみて下さい。また巻きの形なども工夫すると、より効果的かもしれません。バージョンアップさせた方、ぜひご一報を!
 
 最後に改めて言いますが、これは余震の多い今の状況で簡易に留めるためのものです。しっかり留めたい方には市販品をおすすめします。
 
 

|

« 管理人の近況(その3) | トップページ | 床タイルの目地を埋めてみた »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86449/51370253

この記事へのトラックバック一覧です: 簡単に作る、収納扉の開き止め:

« 管理人の近況(その3) | トップページ | 床タイルの目地を埋めてみた »