« 柿の季節 | トップページ | 想像以上のお部屋 »

2014/11/11

幅木考

 掃除機をかけたのに、今ひとつきれいになった気がしない…というときがある。
 そんな時はたいてい幅木の木口に埃が残っている。

 実家にいた頃、きれい好きの母は幅木とかアルミサッシのレールに至るまで掃除を欠かさなかった。その性分を全くといっていいほど受け継がなかった私だが、埃で薄汚れた幅木の木口を見ると胸がずきんとする。「ほら、掃除しなよ…忙しい?そのままにするの?」

 幅木の木口が私に迫る。

 それで、重い腰を上げてやっとのことで掃除に取りかかる(こともある)。

 掃除道具は手袋型の埃取り。洗って何度も使えるし、掃除するものの形を選ばないし、力も入る。アルカリウォッシュ(セスキ炭酸ナトリウム)の水溶液を吹き付けてこすれば、脂混じりの汚れも落ちる。
 ただし、しゃがまないと幅木の掃除はできない。

 こまめに掃除する人は、小さな箒の方が使いやすいように思う。箒で埃を払い、掃除機で吸うとかなりきれいになるはずだ。

151111002_390x640

 幅木の機能は壁面の保護と壁と床の境を隠して不快な隙間を防ぐことで、主に3種類に分けられる。壁面より出っ張る出幅木、壁と同一面になる平幅木、壁面より引っ込む入幅木だ。施工性の良さから出幅木が最も一般的。
 平幅木や入幅木は床板への留め方や壁の下端の処理を考えなければならず、どこでも採用できるわけではない。それでも掃除を考えたら入幅木はとっても魅力的!埃のたまりようがないのだから。

 じゃあ、ビニル幅木は?
 ビニル幅木…薄いから埃が木口にたまることもない。施工も接着するだけと簡単。水に強く掃除もしやすい。完璧。

 そうであっても…使いたくないなぁ。

 ビニル幅木、廃棄過程を除けばすごく合理的な建材なんです。だからビニル系の仕上げ材を多用する事業所では採用もあると思う。しかし合理的であるが故に安っぽく、他の材料と合わせるといかにもぼろかくしに感じてしまう。おそらくビニル幅木のつくる曲線や薄さがそうさせているのだ。

 幅木についてはその高さや壁からの出具合(ちり、といいます)など、設計者によっては工夫やこだわりが感じられる部分。入幅木の設計にあこがれつつ、出幅木の埃を取りましょうか…。

|

« 柿の季節 | トップページ | 想像以上のお部屋 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86449/60634899

この記事へのトラックバック一覧です: 幅木考:

« 柿の季節 | トップページ | 想像以上のお部屋 »