« スキマ時間と家事の分割 | トップページ | けやき設計について »

2015/08/30

設計料について

業務内容と設計・監理料については下記の通りです。

<建物調査について>

●木造住宅の耐震診断(一般診断法)、補強アドバイス
               ※報告書はさいたま市の様式に準じる。
    
延床面積1㎡あたり(吹き抜けを含む)     \1,000-

●木造住宅の新耐震検証法による耐震診断、補強アドバイス
       ※昭和56年6月~平成12年5月までに建築された木造住宅で
         条件を満たすものに限る。
    延床面積1㎡あたり(吹き抜けを含む)     \700-

●木造住宅の温熱環境診断、断熱改修アドバイス

         延床面積1㎡あたり(吹き抜けを含む)     \1,200-

●木造住宅の耐震診断(一般診断法)+温熱環境診断、改修アドバイス
               ※報告書はさいたま市の様式に準じる。(耐震診断)
    
延床面積1㎡あたり(吹き抜けを含む)     \2,000-




<リフォームにおける業務内容>


 
●聴き取り調査、現場調査
●基本計画・見積用図面作成
●実施図面作成(仕上表・平面詳細図・展開図・家具詳細図・
        電気設備図・衛生給排水設備図・
        その他必要と思われる図面)
        ★作り付け家具の設計、家具や照明器具の提案、
         カーテン等の提案も含みます
        
●現場監理(週に1,2回。工事が図面通りに行われているか確認し、
      現場の状況に応じて工事担当者に指示を出します)
●竣工図・工事写真の作成

 
 
<設計・監理料(該当部分の床面積あたり)> 
 

●設計・監理料 (各室の㎡あたり
        台所・特殊室(防音室等) \20,000-
              浴室・洗面脱衣室・トイレ  \10,000-
              その他一般室         \5,000-
             

 
     ※確認申請が必要な場合は、書類作成経費 \200,000-+検査機関に支払う申請手数料が別途必要です。

 
●設備更新の提案のみの場合、提案料は設備機器代金(工事費を含む)の5%です。
 
 (遠方の場合・3万円を超える交通費は別途となります)

 

 
<着手金について>

 相談、調査の後、設計にあたっては、3万円の着手金を頂きます。
 基本計画作成後、設計依頼を中止する場合には以後の設計料は頂きません。
 設計を続行する場合には着手金は設計・監理料に含まれ、
 竣工後に差し引き精算されます。

 

<お支払いについて>

 相談時   無料

 建物調査・診断終了時 調査・診断料の全額(耐震・温熱環境診断の場合) 
 基本計画着手時     3万円
 実施図面完成時     設計・監理料の50%
 竣工時           残金全て
 
 現金または振り込み扱いとなります。

|

« スキマ時間と家事の分割 | トップページ | けやき設計について »

けやき設計について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86449/43891138

この記事へのトラックバック一覧です: 設計料について:

« スキマ時間と家事の分割 | トップページ | けやき設計について »