« 大阪の電車 | トップページ | 春は片付けから〜始めに片付けるのはどこ? »

2017/03/28

住まいの物語

 先日、収納を切り口にした本を出した建築家の話を聞いた。
 工務店やハウスメーカーでない私たち建築士は何を提供できるのかということについて、その方は「特別な何か」という表現をされた。

 スッキリ収納、機能充実、価格、となると価格競争になりがちで、人件費割合が高い設計事務所は工務店やメーカーに惨敗である。

 それでも依頼していただけるとすれば、今まで以上の「素敵な生活」への期待であり、その姿は建主さんごとに違うのだ。住まいを整えることは単なる消費ではなく、物語を紡ぐようなことだと私は思っている。

089_480x640_2

 写真のリフォームでは、当初素材にはあまりこだわらなかった建主さんに、壁と床の素材だけはと和紙や無垢の杉材を提案しました。2年近くたってお話を聴いた時、「壁と床のおかげで居心地が良く気に入っている」と言っていただけたのが有難かったです。

|

« 大阪の電車 | トップページ | 春は片付けから〜始めに片付けるのはどこ? »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86449/65077428

この記事へのトラックバック一覧です: 住まいの物語:

« 大阪の電車 | トップページ | 春は片付けから〜始めに片付けるのはどこ? »