« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017/08/06

星渓園(せいけいえん)

 私は今、二人の男の子を育てており、子育てもいよいよ最終段階にきています。
 振り返ると「子どもたちがいなかったら経験していないこと」「行っていない場所」は意外に多いことに気づかされます。昨日も近くの花火大会に出かけたけれど、ひとりだったらたぶん行っていないでしょう。

 先月訪れた熊谷市の星渓園もそのような場所。
 たまたま子どもの三者面談があり、1時間以上かけて行ったのに10分ちょっとで終わったので(笑)、お母さん仲間に勧められたのを思い出し行ってみました。

 星渓園は熊谷の振興に功績を残した竹井澹如(たけいたんじょ)が、わき水の出る「玉の池」の周囲に回遊式庭園を造り、別邸を設けたものです。慶応年間から明治初期に造られ、昭和25年熊谷市が譲り受けた後、平成2~4年に再整備され現在の形になりました。
 その日はちょうど「うちわ祭り」でお囃子や太鼓、鉦の音などとても賑やかでしたが、園内は祭りの音も遠くに聞こえまるで別世界です。市街地の近くにあってまるでオアシスのような場所。

 門を入ると小さな入り口から庭に誘われます。この日はたまたまお茶席が設けられていたので建物前に案内の女性がおられます。

Img_0251_800x600
 池をを中心に様々な樹木が迎えてくれました。池には鯉が放されています。

Img_0252_800x600
 建物も純和風。玉石基礎で高さがとても抑えられています。写真右手は高床式の月見台。

Img_0253_800x600
 総面積は約4000㎡。見る場所によっていろいろな姿が楽しめ飽きません。先ほどの女性に話を聞いたところ、季節によっても違う良さがあるそうです。熊谷を訪れた際にはまた寄りたいと思っています。(庭園への入場無料。夏場は虫除け必須)

Img_0258_600x800
 星渓園について詳しくはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ