« 子育ての終わり | トップページ

2018/03/21

鞄と袋 暮らしの線引き

  新学期を前に、片付けしなきゃ…というご家庭も多いことでしょう。

  我が家もそうです。大量のプリントを縛って、着ない服を整理して…
  (ハヤクシナケレバ シンガッキガクルゾ!)

  そこで侮れないのが鞄。

  生活していると、鞄がどんどん増殖してきます。
  鞄は形がまちまちで重さもあるため床に置き始めるとどんどん場所を侵食していき部屋が乱雑になります。(←我が家の現状…トホホ)
  子どもたちが小さかった頃は考えもしなかったことでした。

  使用頻度の少ない鞄は収納にきちんとしまう。
  よく使う鞄も置き場所や掛ける場所を決めて床に置かないようにする。
  これだけでずいぶん部屋の景色が変わってくると思います。
  子どもでも絵の具や習字のバッグ、習い事のバッグと結構なかばんの量ですから。

  そして収納に限度があれば、持つ鞄も数を決める。

  何を隠そう、ウチの夫は捨てられない人でして…鞄にモノを入れ、一杯になったり壊れたりすると新たな鞄をどこからか買ってきて使い始めます。古い鞄は置き去りで、勝手に捨てるとすごく怒ります。こうなると収納上は最悪といわざるを得ません…


  鞄の他につきあい方を考えたいものがもう一つ。レジ袋です。

  軽くて薄くて水にも強い、便利な袋ですが、部屋に一つあるだけで落ち着かなくなってしまいます。
  所ジョージさんは「便利なものは便利なところで使えばいい。ペットボトルも外では使うが家では極力使わないし部屋にも出ていない」とある番組でおっしゃっていました。


  快適に暮らすには、こういう線引きって意外と大事です。

|

« 子育ての終わり | トップページ

住まい・インテリア」カテゴリの記事

暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86449/66521766

この記事へのトラックバック一覧です: 鞄と袋 暮らしの線引き:

« 子育ての終わり | トップページ