親子でハイキング

2009/08/24

新潟県守門岳(すもんだけ)

 お盆の頃からようやく夏らしくなってきましたが、なんだか朝晩は涼しいような…。皆様いかがお過ごしでしょうか。
Blogdsc01882  
 我が家では、新潟帰省時の8月15日、守門岳の途中まで登ってきました。
 山頂に行くには時間的にも体力的にも難しいと判断したのと、途中に滝の見える場所があるというので、そこまでを目標にしました。
 
 夫の実家から登山口まで車で約45分。
 これぐらいの距離なら負担なく行けますね。
 2009年版山と高原地図には「登山道が整備されて歩きやすく、ファミリー登山も可能」とありましたし、すごく楽しみ!
 
  しかーし、登山口にはいると様子は一変!
 いきなり写真のような登りなんです。しかも足下はぬれているところが多い。あちゃ~…(>_<)。
Blogdsc01884  
 それでも「駄目そうなら途中で引き返そう」という方針で登りました。
 
 1時間ほど歩いて「護人清水」に到着。
 冷たくて、おいしい水です。特に下山時には「命の水だぁ」といって
 ありがたくいただきました。
Blogdsc01881  写真は清水のすぐそばに生えていた、大木(トチと思われます)。
 
 きつい道もありますが、ブナの林は美しい…。ウグイスも鳴いています。
Blogsc01867  がんばったご褒美のような眺めです。
 他の木より灰色が強く、ところどころ白っぽい幹の色、明るい緑のグラデーション、その緑の間から見えかくれする光…。
 
 そんな眺めとは裏腹に?道は険しい。
 大人一人がぎりぎり通れる崖の道もありました。
 夫は「千メートル超える雪国の山はこんなもんだ」と言ってたけど、だったら早く言ってよ(笑)。
 
 はっきり言って、イケイケどんどんタイプの小学生男子には危険です。
 もし行く場合は、崖の道とかは細引きで親と結んでおき、ヘルメットをかぶせるくらいのことをしておいた方がいいです。
 
 ガイドにあった「ファミリー登山」のファミリーは、きっと中学生以上の子供を持つファミリーだったのよ…
 
Blogdsc01869   結局、滝がちらっと見えるところまで行って、引き返しました。標高にして950~980メートルあたりです。目標としていた滝見ポイントではありませんが、下山を考えて決定。もう、汗だく!!
 
 しかし、我が家のハイキング史上もっともきついコースは森林浴以外のプレゼントを子供達にくれたのです。
 
 ノコギリクワガタ、スジクワガタ、オニヤンマ、ザトウムシ(クモの仲間)、ヤマナメクジ…。意外に暑くて蚊もいました。
 
 中でもオニヤンマは私たちの歩みを励ますように何度も現れ、王者の飛行を見せてくれたのです。写真に撮っておけば良かった…。
 
 ヤマナメクジは登山道に3-4匹現れ、あまりの大きさ(直径2センチ、長さ10センチ近く)に次男は「こわいよ~(T_T)」の連発でした。
 
 下山してからふと見ると、子供達はまだまだ元気。一番のヘタレは私でした。
 カメラを持って行ったものの、写真を撮る余裕もなく帰ってきました(笑)。今回アップしたのは数少ない写真なのです。
 
 登山口近くの駐車場にはトイレやベンチがあり、子連れにはありがたかったです。ただし、この日は駐車場周辺にアブがたくさんいました。
 
 下山後にお風呂に行きましたが、建物内の階段の段差がもうきつくてきつくて(T_T)、普段の運動不足を実感!。これは何か考えないと、家族に迷惑をかけるようになる…マズイです(>_<)。
 
 感動あり、反省ありの盛りだくさんなハイキングでした。
 
 
 <今回のコース>
 
 守門岳二口登山口→59分→護人清水(休憩13分)→1時間47分→滝のチラ見ポイント(昼食休憩1時間9分)→1時間25分→護人清水(休憩16分)→40分→守門岳二口登山口
 (休憩含む全行程6時間30分程度。コースタイムには小休止の時間も含みます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/12

日和田山の男坂

 日和田山には昨年4月にも訪れましたが、2度目の今回はお正月、1月3日に出かけました。前回は「見晴らしの丘」を経由しましたが、今回は「男坂」に挑戦!
 
 始めはこんな感じでのどかに登っていきますが…
Blogdsc01334  
 男坂の分岐点から先は、こんな道?や…
Blogdsc01340  
 こんな岩ごろごろの道?に挑むことに。慣れた人は、すいすい登っていきます。このコースをひょいひょいと下る方もおられます(すごーい)。私はのろのろと、マイペースで…。
Blogdsc01343  
 でもこんな表示に励まされ…
Blogdsc01344  
 山頂へ!
 おっかなびっくり登っていた子供達も、ちょっと誇らしげです(^^)。
Blogdsc01347  
 実は長男が珍しく、「行きたくない」と前日から言っていたんですが、来てみればまんざらでもなかった様子。
 
 頂上から少し下りたところで、昼食。
 秋に失敗したので、このときはおにぎりとリンゴだけで簡単に済ませました。
 良いお天気で、遠くに富士山が見えました(写真の矢印の先)。
Blogdsc01358  
 下りは見晴らしの丘経由で、登山口まで余裕を持って下りることができました。
 
 ハイキングの良いところは、同じ山でもコースが違えば全く違う姿を味わうことができること。また同じコースでも、季節が違えば違った魅力が見えてきます。
 
 次はどこに行こうか…子供達も体力がつき、楽しみの増えるハイキングでした。

 <今回のコース>
 登山口→(男坂経由・90分)→山頂→(見晴らしの丘経由・40分)→登山口
 ★昼食時間を除きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/12/11

仙元山(せんげんやま)~埼玉県小川町

 あっという間に師走ですね!
 風邪が流行っているようですが(我が家も洗礼を受けつつあります)、気合い入れて更新します(^^)/。
 
 11月23日、埼玉県小川町の仙元山に行ってきました。地元の方々が整備に力を入れてこられたようで、幼稚園から小学生のいる家族連れにはもってこいの山でした。こんな山が近くにあったら…せめて30分くらいで行けたらなぁ…と思います。
 
Blogdsc01300  八高線の線路脇の登山道から入りましたが、特に危険な箇所もなく楽しく歩けました。ただし、紅葉の時期ですので落ち葉で滑ることがあります。
 
Blogdsc01303  休憩含め約45分で山頂へ。地味で素朴な山頂です…眺めを配慮してか、木の一部が切られていたようでした。この山は針葉樹が多いのか、登山途中の紅葉はあまり見つけられませんでしたが、近くの山は見頃のようでした。
Blogdsc01309  
 スタートが遅かったので、すぐに昼食。しかしここが秋山の落とし穴、昼食に時間をかけすぎてすっかり寒くなってしまいました(>_<)。おなかがすいていても、おにぎり1個ぐらいで次の行動に移れば良かったです。
 ちなみに今回の山メシはこちら。
Blogdsc01305  
 下山途中にはパラグライダーの滑走場が!
Blogdsc01316  気持ちよさそうに空からの紅葉散歩に出かけていきました。
 
 そして少し行くと、見晴らしの丘公園。ここには203mのローラー滑り台(有料)があるのです。展望台やアスレチックもあるようで、親子連れが車でたくさん訪れていました。
Blogdsc01317  
 麓にはオオムラサキ(蝶)の林もありますし、少し歩けば埼玉県伝統工芸会館もありますから、ハイキング以外にもいろいろ楽しめると思います。
 
 <今回のコース>
 仙元山登山口→(45分)→山頂→(42分・グライダー見学含む)→見晴らしの丘公園→(20分)→北側遊歩道入り口

ただし、山頂、見晴らしの丘公園での休憩は含みません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/16

秋色赤城山

 10月生まれの次男の誕生日祝いとなる、恒例の紅葉ハイキングに行ってきました。
Blogdsc01170  
 10月12日、幼稚園の運動会翌日に強行です(^_^;)。行き先は群馬県の赤城山。 
 前回(2年前)は紅葉が中腹まで下りてきていたので、今回は早めに行ってみました。行きの赤城道路はまだほとんど紅葉していませんでした。
 
Blogdsc01196  案内図にあるように、いくつかの山(これらを総称して赤城山といいます)に登れるようになっています。到着時間や次男の体力等考え、今回は駒ヶ岳(1685m)往復にしました。
 ぱっと見た感じ、紅葉は後2,3日で見頃かなぁといった様子。
 
 鎖場などはなく、子供連れでも安心して登れます。ただ階段(木製・金属製)が多く、段と段との間が開いているところや一人分の幅の階段もあるので、小さなお子さんには配慮が必要です。5,6歳~小学校低学年のお子さん連れには何組か出会いました。
 
Blogdsc01175  紅葉の美しいところがちらちらあって、楽しいハイキングです。飴などなめながら、山頂へ。
 簡素な看板が出迎えてくれました(^^)。
Blogdsc01181  山頂はあまり広くないので、軽食を食べ短時間で引き上げる方が多かったです。しかしそれを知らなかった私たち、山頂で子供達が「おなかすいてもう動けないよ」状態となったため、やむなく山頂で昼食となりました。手前の尾根で食べておけば良かった…(>_<)。
 
Blogdsc01185  本日の山ごはんは、
 前日に作った栗ご飯のおにぎり、ミニトマトに柿、ラーメン。
 天気も眺めも良く、「最高のレストランだね!」と声をかけていただきました。
 
 なんと富士山の頭がちょこんと見えたんです!
 うれしくて写真を撮ったつもりが…写っていませんでしたが(T_T)。
 
Blogdsc01189  邪魔にならぬよう、食べた後はさっさと片付け下山。14時過ぎると急に寒くなり、全員フリース着用。駒ヶ岳は頂上の手前に尾根歩きもあり、これもまた楽しい。
 
Blogdsc01192Blogdsc01186   途中、小沼(この)も見えました。
 
 下山後は大沼(おの)をちょっと眺めて、本日の行程無事終了。
 馬事公苑近くの桑風庵でおそばを食べ(手打ちそばは山芋つなぎでおいしかった)、富士見温泉ふれあいの湯で温まって帰りました。
 
 今度は赤城山最高峰の黒檜山~駒ヶ岳と歩いてみたいです。
 
 <今回のコース>
 駒ヶ岳登山口→(90分)→山頂(昼食60分)→(100分)→駒ヶ岳登山口
 休憩を含む。(下山の方がおやつタイムが長かったので時間かかりました。)
 
 ★フリースとウインドブレーカー(またはレインジャケット)は必携です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/18

武尊山(ほたかやま)中腹~誕生日ハイキング

 6月15日、遅れ遅れになっていた長男の誕生日ハイキングに行ってきました。
 場所は群馬県の武尊山麓にある武尊牧場近辺。レンゲツツジの群落が有名です。
 
 道路の通行止めのため、標高1,100mあたりからリフト利用で一気に標高1,440mまで上がりました。広くてのどかで牛が居て…子供達はリフトが初めてでうれしそうでした。二人乗りリフトだったので親も子も安心して乗れました。
 
 昼食後、レンゲツツジの群落へ。ちょうど見頃でした。花は…和紙で作ったような乾いた感じで、手で触れると普段見ているツツジにはない、花びらの厚みを感じます。
Blogdsc00512  雪深いところに生えているので、枝も地を這うような、独特の姿です。
Blogdsc00534  
 そして夫が希望する花咲湿原へ。
Blogdsc00521Blogdsc00532   途中の道は一面新緑で、ウグイスやカッコウの声を聞くことが出来ます。
 
 ところが…夫が山菜に気をとられ、私が花や緑に気をとられしていたら、あっという間に14時。東俣駐車場から、来た道を引き返すことにしました。湿原は次回のお楽しみということに…。
 
 歩いた時間が短くて少し物足りないハイキングでしたが、花あり、虫あり、牛もいて子供達は大満足でした。
Blogdsc00510 Blogdsc00524 Blogdsc00551  実は行きの車中で夫婦げんかとなり、険悪な雰囲気で始まったハイキングだったのです。でも、美しい景色を見ながら歩いていたら、なんかどうでも良くなってきました(笑)。山に感謝、です。(でも家ではやっぱり喧嘩だったりします ^_^;)
Blogdsc00541_2  
 <今回のコース>
 リフト乗り場→レンゲツツジ群落→東俣駐車場
         →レンゲツツジ群落→リフト乗り場 
 約2時間(休憩含む)
 
 ★武尊山頂から下りてこられたご夫婦の話では、登山道がぬかるんで大変だったということでした。
 ★リフトに乗るとかなり冷えますので、長袖またはウインドブレーカーが必要です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/05/18

新潟・十日町市「七ツ釜」~GW遠足

 5月3日、夫の実家(新潟県)に行ったときに、十日町市(旧中里村)の名勝「七ツ釜」に行ってみました。「釜」とは滝壺のことだそうで、7つの滝壺が連なっていることを表しています。
 
Blogdsc00458  駐車場の脇に案内板。この日は平地の気温が30度近く、例年と比べて驚くほど暑い日でしたが、ここには雪がまだ残っていました。
 
Blogdsc00461  案内板のすぐ近くの道を下ること15分。滝が見えてきました。新緑はまだ芽吹き始めたばかり。例年にない雪解けの早さで足下はそれほど悪くなかったですが、観光シーズン前で整備が終わっていませんでした。
 
Blogdsc00463  細い柱を束にしたような、柱状節理が特徴の岩肌です。しかし何か気になる…。
 
Blogdsc00466  下ったところにまたもや残雪。半袖着て雪遊び!
 
 来た道を引き返して駐車場へ。駐車場のそばにはキャンプ用のテントサイトや水場がありました。
 そしてこの記事を書くために観光協会のHPを見ましたら…
 
 1995年に土砂災害で滝が崩壊、擬岩で砂防ダムを造り滝を復元
 
 えっ?一部は天然ではないってことか…では上の写真の柱状節理も一部擬岩?
 都市部に住む私たち、遠足やハイキングでは自然を追い求めているので、なんか知らない方が幸せだったような、複雑な気分です。でも、土木工事としてはレベルが高いのではないかと、今にして思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/25

巾着田から日和田山

 4月13日、暖かさに誘われて春のハイキングに行ってきました。
 以前巾着田を訪れた際、近くに「奥武蔵自然歩道」というハイキングコースがあるのを知り、行きたいと思っていたのです。

 今回は巾着田の北側にある日和田山中心に歩くことに。
 なBlogdsc00433んと桜が満開!

 道は整備が行き届き、歩きやすかったです。桜の他にヤマツツジもきれいでした。

Blogdsc00440 Blogdsc00434  この鳥居を過ぎて少し行くと男坂と女坂に分かれますが、もう一つ「見晴らしの丘」に行く道があったのでそちらを選びました。割にあっけなく(10分かからないくらいで)つきました。近くではクライミングをやっており、夫は興味津々。Blogdsc00438

 そこから山頂手前の金刀比羅神社へ。巾着田がきれいに見渡せます。 

Blogdsc00441

 そして山頂で記念撮影。Blogdsc00447

 山頂からは北西にすすみ高指山の際を通り、駒高から舗装路を延々歩いて巾着田駐車場に着きました。登山靴で舗装路を長く歩くのは疲れますね…。それでも時折出会う、立派な桜の木…その満開の花に元気をもらって歩きました。

  Blogdsc00453およそ5キロの行程を歩き通して巾着田で記念撮影。すばらしいお花見ハイキングでした!

 巾着田駐車場~日和田山~駒高(車道)~巾着田駐車場
 約4時間(休憩含む)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/16

榛名富士と榛名湖畔~誕生日ハイキング

Blogdsc002771  今年の秋の誕生日ハイキングは、榛名山です。
榛名富士にみんなで登ろうというのですが…地図を見ると、登山口からの標高差はあまりない(300mちょっと)ものの、直線的に登るので結構きつそう。

この日、11月4日の天気は曇りで、時々薄日が差しています。
紅葉は榛名湖畔でちょうど見頃でした。去年行った赤城山より地味で、ほのぼのとした紅葉です。天気のせいでさらに地味だったような気がします。(写真でも麓に日差しがないので暗くなっています)

 登ってから知りましたが(^_^;)、榛名富士は風致地区とかで登山道が整備されていません。紛らわしい分岐はないので迷いはしませんでしたが、道が狭かったり、ロープがあるところも肝心の杭が抜けそうだったりしていました。お子さん連れの場合は転落しないよう、気をつける必要があります。

 麓は寒かったですが、登り出すと暑くてあつくて! 普通の服装で登っていく人もいましたが、頂上では汗が冷えたのではないでしょうか…この時期のハイキングでは、下着(または代わりのTシャツ)だけでも登山用がおすすめです。

Blogdsc002581  そして山頂では近所にすむ長男の同級生家族と遭遇…なんたる偶然!お互いに写真を撮りあいました。それからおきまりの三角点を確認。

Blogdsc00256 久々のハイキングですが、子供たちのスタミナには驚きました。登ってきた方向の反対側へ降り、湖畔一周。5キロ以上の道のりを歩き通しました。成長が感じられてうれしい母でした。

帰りは湖畔の温泉に入って、途中の水沢うどん街で夕食の予定が…なんと午後6時でうどん屋さんはみな閉まっているではありませんか!食べられないとなると余計に食べたい。今度伊香保方面に行くときは「昼間に」食べたいと思っています。

<今回のコース>
榛名富士南側登山口→(90分)→山頂→(60分)→北側登山口
北側登山口から湖畔沿いの道を歩き駐車場に戻る(120分)
~休憩を含む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/05

群馬県玉原(たんばら)高原~誕生日ハイキング

 今年の、長男の誕生日ハイキングは尾瀬!  …と思っていたのですが、尾瀬はミズバショウの見ごろに当たり、早朝から多くの登山客が押し寄せることから予定変更。玉原高原にブナの新緑を見に行くことにしました。

Blogdsc01819  駐車場に着くなり、大音響の蛙の鳴き声…と思ったら、ハルゼミなのだそうで(^_^;)。森を歩いている間中、蝉時雨でした。

 山道に入ってから40分ほど登るとブナ平に。空気がおいしい!緑がとにかく美しい!葉の重なり具合や光の当たり方で、淡い緑、明るい緑、少し深い緑と魅せてくれます。木の生命力を感じて、これぞ森林浴です。(写真をクリックすると大きくなります)

Blogdsc01815  子供たちも、街に出かけたときは歩き疲れたと言うのですが、森だとずんずん歩きます。時折出会うハイカーの方に「えらいねぇ。よく歩くねぇ!」と声をかけられ、まんざらでもない様子。
 この日は正味3時間歩き通したので、親も感心したのでした。
 写真は大きなブナの木と撮りました。

Blogdsc01824  この、高くそびえる木はシナの木です。合板の表面材や、木版画の版木に使われます。我が家でもドアや家具の表面材にシナを使っています。
 この木は沼田市の銘木100選とのこと。

Blogdsc01828 ブナ平を抜けて起伏のある道を行くと三角点に到達。道の脇にぽちっとありました。展望はありません。
 ここから玉原湿原に向かう途中、なんとカッコウの声が!森に良く響く声で、子供たちも感動…。

Blogdsc01830  美しい花も発見。
 何という名前なのでしょう?
 今度ハイキングに行くときは花のガイドブックも必要ですね…(^_^;)


Blogdsc01832_1   そして湿原に到着。バックの、黄緑色の葉は、ミズバショウです。花が終わると葉が大きくなることを初めて知りました。
 快適な陽気でしたが、やはり高原、午後2時になると冷たい風が吹き始めました。子供たちに上着を着せて、湿原を後にしました。

Blogdsc01836  最後は湧き水を頂いて…無事ハイキング終了(^^)。

 <今回のコース>
 センターハウス→ブナ平→長沢三角点→玉原湿原→センターハウス
 天気:晴れ時々曇り 所要時間(休憩含む)4時間30分
 (休憩なしの標準コースタイムは約1時間半)

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/04/16

幸手市 権現堂桜堤 ~小学校入学記念遠足

Blogdsc01764  長男の小学校入学を翌日に控えた4月8日、おにぎりを持ってお花見に行ってきました。場所は家から車で1時間ほどの幸手市、名所と言われる権現堂桜堤です。

 天気予報が良いほうに外れ、風も弱くぽかぽかとしたお花見日和。そして写真のように花も見ごろ!桜も美しかったですが、菜の花の黄色が鮮やかで、すごく気持ちが良かった!(菜の花が終わる頃のくすんだ黄色はちょっと苦手な色です)

Blogdsc01759  ここはなんと1kmにわたって桜並木が続いており、桜のトンネルを堪能できます。こんなに見事な桜並木を、私は生まれてはじめて見ました。
 はらはらと散る桜の花びらは、桜のしずくが音もなく落ちていくようで…。多くの人々が訪れてにぎやかなのに、桜はどこまでも静かな花です。

Blogdsc01777  一方の菜の花は元気をもらえる花ですね(^^)。この日は暖かさに誘われて、ミツバチも飛んでいました。夫は山登りに行きたかったようですが、のどかなこんな遠足もいいものです。

 見ごろとあって人も多かった(特に屋台が出ているところは)ですが、敷地が広いのでのんびりできました。駐車場や仮設のトイレもあり、車で行って気軽に楽しめます。

Blogdsc01767  菜の花と桜をバックに兄弟で記念撮影。

 長男はいよいよ小学校に入学、次男は幼稚園年中に進級です。

Blogdsc01786_1  そして翌日。

 長男は無事、一年生になりました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)